個別株投資第4弾と今後の制約

個別株式

個別株投資第4弾を実施しました。

ソニー(6758) 100株
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6758.T

大手家電メーカーは総合系3社(日立・東芝・三菱)と家電系3社
(パナソニック・ソニー・シャープ)に分かれますが、特に後者3社
については韓国系メーカーとの競争や円高不況などで経営が悪
化しており、株価も相当売り込まれている状況です。

3社の中でソニーはもっとも革新性に優れており、海外でのブラ
ンド力も健在です。またPBR水準が低いことから、復活の目があ
るのではないかと期待していました。

今、実用化を期待しているのがソニーが開発した「認証型コンセ
ント」や「ワイヤレス給電」という技術です。特に後者はすごい。
開発が進めば電源コードそのものがいらなくなる時代になるかも
しれません。

パナソニックは大きすぎて動きが遅い印象、シャープはこのタイミ
ングでは怖くて投資どころではありません。

自宅のテレビもソニーですし、応援買い投資の意味も込めて、
100株託すことにしました。

これで「卸売」「小売」「機械」「電機」の4業種への投資が完了。
いい感じで分散投資できているような気がします。
さらなる分散とリスクを低減させる目的で、「インフラ系」や「金融系」
を組み込みたいと思っているので、調査を続けたいと思います。
「不動産」や「食品系」も捨てがたいですね。。。

目標は年内6銘柄です。

制約について
投資のマイルール(資産運用規則)では、各アセットにおけるインデッ
クスファンドの割合が7割以上
となるように定めています。自信過剰や
勢いに任せて、過大なリスクを取らない為の”しばり”です。
現在のところはこの制約の中で収まっていますが、今後は個別株の
単価や取得株数によっては、「制限の壁」に当る可能性も出てきました。
どちらを優先するか…当然ですが運用規則になりますので、その場合
は個別株の購入は見送りとなります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました