値動きに一喜一憂してもしょうがない

そういえば、半月ほど前に初めて海外ETFを購入しました。ですが、
そのあと残高がどのように推移しているのか確認していませんでした。

それで早速確認してみたところ、損も利益もでていないという感じでした。

恐らく今後もこんな感じで、時たま「そういえばあれどうなった?」といった
感覚で、確認していくような感じになるかと思います。

そもそも「長期投資」を前提としているので値動きに一喜一憂しても仕方
ないですし、意味がないのです。放置するのも良くないのでしょうが、気に
しすぎるのも害になるだけです。

本日は日銀の金融政策決定会合があり、株価が後場に大きく変動しました。
アメリカの雇用統計やGDPの速報など、それこそ毎日のように市場には
イベントが発生しますが、いちいち付き合っているほど暇でもありません。

20年後に今より上がってればいいかな…という軽い気持ちで良いと思って
ます。真面目すぎず、ある程度の「良い」加減で投資を継続していきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。