タクシーは近距離でこそ活用すべき

タクシーの利用はは浪費の象徴としてターゲットとされることが多いのですが、
私はそうは思いません。特に、近距離の利用には効果が大きいです。

確かに近距離であっても一定のお金は必要ですし、それこそ歩いてしまえば
節約にもなります。が、果たしてどれだけの時間を失うことになるでしょうか?

私は今の職場が港区ですが、例えば東京駅までよくタクシーを使います。
費用は800円~1000円くらい。
山手線(JR)を使えば、150円で住む距離です。定期圏内であればタダ。
それでも職場から駅への所要時間、電車に乗っている時間を鑑みると、やは
り何分かはロストしています。しかも人ごみの中を世話しなく目的地に向わな
ければなりません。雨の日などは明らかにタクシーが有利です。

お金はもちろん節約しなければいけないツールですが、それ以上に節約をし
なければいけないのが時間という概念です。

複数人で利用すれば、1人あたりの負担は電車代と変わらないケースもあり
ます。私は表面的な節約ではなく、総合的な節約をしなければ、ジリ貧になる
という考えを強く持っています。「安物買いの銭失い」という諺の通りです。
盲目的に安い価格に飛びつくこと、とことん切り詰めることはしません。何に
消費をすることが自分の満足と結びつくかを、常に意識するようにしています。

因みに近距離のタクシー利用者を快く思わない運転手さんもたくさんいます。
(表情に出してしまうのは失格ですが、ビジネスを考えると理解はできます)
そこは少しだけ大人の対応として、できるだけ流しのタクシーを拾ったり、
「近くて済みませんが…」の一言を添えるなどして、配慮してあげればよいか
と思います。

<余談>
下記の記事によると、マイカーの平均的な年間維持費は、タクシーの初乗り
1100回分に相当するそうです。タクシーはマイカーを持っていないからこそ、
気軽に利用できるものであるのかもしれません。

http://www.news-postseven.com/archives/20101203_7086.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。