近隣探訪(ユーカリが丘)

旅行/趣味/体験

金曜日は年休を取って、近所を散策しました。
近所とは行っても、津田沼から電車で20分ほどのところにある街なので、
日帰り散策と言った感じです。訪れた街は千葉県佐倉市の「ユーカリが丘」。

千葉以外の人には知名度がいまいちな感じだと思いますが、街開きから
40年以上経過しているかなり歴史のあるニュータウンです。

▼青枠が現在の住処、赤枠がユーカリが丘
新しい画像 (119)

▼ユーカリが丘(拡大図)
新しい画像 (120)

地図を見れば分かるとおり、このニュータウンには専用の鉄道が走っており、
ニュータウン内を1周するように線路が引かれています。鉄道業者ではなく、
このニュータウンを開発している不動産業者「山万」の鉄道事業部が運営し
ている新交通システムとなっています。

山万ユーカリが丘線
http://town.yukarigaoka.jp/yukariline/

1周するといっても双方向ではなく、左回りのみです。また、1周するのに20
分もかかりません。途中駅の名前のシンプルさが妙に気になりますが、地元
ではそれで通じるのでしょう。因みに「女子大駅」の周りには女子大のグラウ
ンドはあるものの、どう見ても本体の校舎はありませんが…

なお、このニュータウンは他のニュータウンと比較して、街開きの当初から毎
年の入居定員を厳格に設定している為、高齢化問題は顕著化していないそう
です。家が広がっているのはユーカリが丘線の外側であり、内側は里山風景
が手付かずに残っています(これも計画的らしい)
また、駅前は高層マンションやショッピングモールが開発されています。
逆に駅前以外にマンションは少なく、閑静な住宅街が広がっています。

何枚か写真を紹介します。

▼京成電鉄ユーカリが丘駅(上層部分は山万が経営するホテル)
DSC_0314

▼ユーカリが丘線(こあら号)
DSC_0318

▼ユーカリが丘駅前の風景DSC_0315

▼ユーカリが丘線の内側
DSC_0323

有名な観光地を巡るもの楽しいですが、思いつきでこういった身近な「知ら
ない街」を散策するのも、違った楽しみがあります。
お金も交通費のみしかからないので、言うことなしですねヾ(´ω`=´ω`)ノ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました