現金比率を下げる施策(最終進捗報告)

現金比率を下げる施策)の最終進捗報告です。 

※施策は黒字部分
※前回までの進捗は赤字部分
※最終の進捗は青字部分

目的をおさらいすると、アセットアロケーションに占める現金の比率が
目標の比率から大幅に乖離しており、是正する必要があるというもの
でした。

現金比率の高止まりは、リスクオフ(安全)ですが、資源の有効活用
できていない状態、つまり機会損失を発生させている状態でもあります。

目標比率は10%ですが、施策前は30%まで比率が高まっていました。
中間報告(赤字)の際は、22%まで比率が落ちました。
そして今回を最終報告としますが、これで20%のラインを下回るところ
まで、比率が低下となりました。

年末までの自然減
世間相場からはだいぶ安いものの、挙式費用・新婚旅行費用などの大
型支出を控えています。施策といえるものではありませんが、結果的に
リバランスに貢献します。

(進捗状況)
具体的な支出とはなっていないが、「挙式費用」や「旅行費用」などにつ
いては、見積もりを精査している段階。

(最終進捗)
「旅行費用」については、支払が完了しました。
「挙式費用」については、今月中に支払います。

国民年金の追納
先日もブログで紹介しましたが、国民年金の追納が可能となりました。
未納分を一掃するチャンスですので、しっかりと追納します。

(進捗状況)
管轄の年金事務所に、後納制度申込書を提出。現在、審査中とのこと。
承認がおり次第、支払予定。

(最終進捗)
追納を完了させました。また、社会保険料控除についても会社に申請済。
年末調整での還付を期待しています。


生活防衛資金枠の拡充
現在、不測の事態に備えるための「生活防衛資金」として生活費の6か
月分を確保し、アセットアロケーションに含めず分別管理しています。
この枠を10ヶ月分に拡大します。
”見せかけ上”ですが、分別管理とする事でリバランスが実現します。

(進捗状況)
予定通り、10か月分に拡大。楽天銀行で運用する予定だったが、定期預
金の比率を鑑み、住信SBIネット銀行の定期預金で運用。
最低限の流動性を確保する為、2ヵ月分ごとに小分けして預け入れ。
(万が一の場合でも、金利を確保しつつ解約する為)
資金に余裕がある場合は、この枠をさらに拡充の予定。最終目標は2年分。

(最終進捗)
特に進捗はありませんが、年内までに1年分の防衛資金を確保する目標を
立てました。滞留している現金と、冬のボーナスの一部をあてがいます。
これを勧めれば目標(2年分)の半分は達成されますので、粛々と進めます。

国内個別株の追加購入
国内株については現在2銘柄を保有しています。「分散投資」の効果を
得る為にも、最低5銘柄は保有したいと考えています。近日中に1銘柄
購入しますが、追加で本年中に2銘柄を購入することを目標とします。

(進捗状況)
先日、イオン(8267)を100株約定。現在は3銘柄で運用。

(最終進捗)
第4弾としてソニー(6758)を100株購入。年内にもう1銘柄増やしたい。

海外ETF購入
海外株式比率を引き上げる為、海外ETFの購入を引き続き検討してい
きます。候補となるファンドを絞っている段階です。

(進捗状況)
先日、アイシェアーズMSCI コクサイインデックスファンドを約定。

(最終進捗)
状況に変化なし。無理に手を出す必要は薄くなっているので、しばらく凍結。

毎月の積立額を増額
単純に毎月の積立額を増加させることでリバランスを図ろうとする試み
で、現在検討中です。但しあまり増やしすぎると「ドルコスト法」の趣旨か
ら外れるので、インパクトが出ない程度(せいぜい1.5倍?)にします。

(進捗状況)
検討の結果下記の通りに決定。今月の投資から実施。
株価の修正が進んでいる点や、REIT指数が高騰している点もあり、様子
見色が強い改訂内容となった。
(赤枠内が増額分、網掛けはインデックスファンド)

(最終進捗)
上記施策を継続。「金」「プラチナ投資」については、様子を見ながら増額
したい。また、これとは別に来期の積立プランをどうするかといった方針に
ついても、検討していく必要がある。

計画(施策)については、いくら美辞麗句を並べてみても、実行しなければ
意味がありません。その為にも、進捗のチェックは欠かさず行います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。