個別株投資の銘柄候補

現在、4つの企業に個別投資していますが、さらなる分散投資に
向けて、次の候補となる企業を選別しています。

整理して、まとめておきます。

►ドトール・日レスホールディングス(3087) 小売業 
►第一三共(4568) 医薬品
►ブックオフコーポレーション(3313) 小売業
►コーエーテクもホールディングス(3635) 情報通信
►共立メンテナンス(9616) サービス業
►魚力(7596) 小売業
►楽天(4755) サービス業
►資生堂(4911) 化学

あくまで「候補銘柄」ですので確定ではありませんが、この中から
次の投資銘柄を選択する可能性が高いと思います。

個別株投資については、まずは自分の応援したい企業や好きな
企業を適当に6~10銘柄ほどピックアップし、投資していく予定です。

まずは実践ありき。

適度に分散していれば、適当に選んでもリスクは高くありません。
適当と言っても、最低限のことには配慮しながら銘柄を選んでいます。

①国内、或いは海外に一定のシェアをもつ企業であること
②できれば東証1部上場企業
③知名度、ブランド力があること
④PBR値が割安であること
⑤保有していない業種の株であること
⑥30万以下で購入できる株であること
⑦配当性向が高い or 優待制度がある企業
⑧急成長ではなく安定成長が見込める企業

実践をしてみて、とりあえずは自分の個別株ファンドを作ことを目的と
します。もちろん、その間にいろいろな悩みや問題点が発生するはずで
すが、そこでどのように考えるかで勉強することができると考えます。

また、過度なリスクを取らない為にアクティブ運用の比率は30%以下と
決めています。コア投資の戦略商品はあくまでインデックスファンドであ
ることについては今後も変更する予定はありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。