借りれるものは借りてしまおう

持たない生活、買わない生活、そして借りてしまう生活。
これらを駆使していれば、生活防衛力は高まります。

来月にイタリアへ旅行に行くのですが、そのとき必要なのがキャリー
ケース。ですが、海外旅行に行ったのは確か15年以上も前の話にな
るので、当然そんなものは持っていません。。。

買うべきか。。。

悩んだ末、買わずにレンタルすることにしました。どこで借りるのかにも
寄りますが、送料込みで4000円程度で借りることが可能です。
途中で傷がついたり破損したりしても保障されるとのこと。

素材が丈夫で軽くてキャスターが4方向に対応していてTSAロックが装
着されていて…と、きちんとしたものを店頭で選べば数万円します。
これが4000円で収まってしまうのですから、得ではないでしょうか?
もちろん利用頻度が高い方は購入すべでしょうが、そうでないものに
とっては、場所も取らずに済むのは大きいです。
それに行き先や日数で必要な荷物の量は変わってくるもの。その時々
に応じてキャリーケースのサイズを選んだほうが、賢明な気がします。

車やウェディングドレスなどはレンタルが定番ですが、最近では家電や
ブランド品、JRの回数券の他、家具なども借りることができます。

ですから、何かの商品の購入を検討する前には…

・買わなくて良い方法がないか検討する
・代用品で賄えないか検討する
・レンタルすることができないか検討する
・購入後に売ることができないか検討する

の4点を確認し、それでもどうしても買う必要がある場合は…

・どこで購入するとコストパフォーマンスが良いか

を検討すればよいかと思います。

このプロセスを頭に定着させ繰り返し実践することができれば、無駄遣
いや衝動買いの類はしなくなるでこと請け合いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。