生活防衛資金の運用方法

生活防衛資金(有事の際の生活費用)の運用方法について
まとめたのが、下記のグラフになります。

改めて、運用先を確認してみると。。。

防衛資金という位置づけなので、何よりも大事なのは金利ではなく
流動性。その観点から普通預金に2割弱投下しています。
3ヶ月定期預金が40%ほどありますが、これについては小口に分
けて預け入れをしており、時期をずらして満期が訪れるよう調整し
ています。残りは定期1年物。ボーナスキャンペーンなどを狙って、
少しでも金利が高い状態で預け入れています。

繰り返しになりますがこの分野に重要なのは、とにかく流動性。
失業などはともかく、災害時など必要なときにすぐ現金化できなけ
れば、意味がありません。流動性を確保する為、ある程度の資金
については、たとえ低金利であっても普通預金のまま放置しておく
のは理にかなっていると思います。

応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. water boy より:

    流動性大切ですね。3.11の震災後にwater boyは生活防衛資金の中で生活費の三ヶ月分を店舗型の銀行の普通預金に置くようになりました。
    普通預金という事に加え、ネット環境等も考慮した形です。
    まぁ、店舗型の銀行の利用は上記と給与振込だけですが。

  2. こんにちは、Taiponさん。いつも楽しく拝見させていただいております。
    生活防衛資金の運用先とはいかないと思いますが、ちょうど好条件な社債が出たので、書き込みしておきます。
    [条件決定済]意外と好条件!北海道電力株式会社の個人向け社債(3年、0.50%)
    http://newbonds.seesaa.net/article/305719929.html

  3. taipon より:

    私の場合は店舗型の銀行ではなく、全てネット銀行です。
    確かにネット環境についても考慮しなければなりませんね。

  4. taipon より:

    こちらこそ、いつも拝見させてもらってます。
    ふむふむ中々よさげな社債…
    今後も情報発信を楽しみにしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。