最初の100万円が一番苦しい

資産が増えるに従い、後から考えると…と思うことも多くなります。
その際たるものが、100万円を貯める苦しさです。
貯金がない時代…100万円という金額は途方もない雲の上の金額に
見えます。また、それを貯める苦労は並大抵ではありません。

ですが100万円が貯まると、200万円までの道のりは意外に楽です。
100万円ためた忍耐力と仕組みを理解しているからです。

そして200万円貯まってしまうと、500万まではもっと楽です。

500万円貯めることができれば、1000万円も自然に貯まります。

信じられないことかもしれませんが、そういうものだと思って納得して
もらうしかありません。それこそ、自転車の練習や英語のトレーニング
などに似ているのではないでしょうか?

軌道に乗ってしまえば、意外と楽に資産が増えるというのが実感です。

もちろんその為にはお金を増やす・お金を貯める仕組みづくりが大切
なので、それを淡々と実践する必要があります。

私が実践している仕組みは誰でもできるとてもシンプルなものです。

・毎月の収入から確実に貯金をする
・臨時収入(ボーナス)などは、半分以上を貯金をする
・お金を使うときは表面価格ではなく、耐用年数や使用頻度などで
  計算した実質価格で検討する
・お金のかかる趣味を持たない(車・ゴルフ・ギャンブルなど…)
・見栄を張らない
・財布の中身を常に把握する
・できる範囲(のみ)で節約する

繰り返しになりますが、はじめの100万円がしんどいです。
しかしそこさえ乗り切れれば、視界が開けると言うのが実感です。

コメント

  1. water boy より:

    過去に、「貯蓄が無い人が貯める目標金額は100万。」という記事を書いたこともありますが確かに100万円は最初の壁ですよね。ここを突破できるかどうかは大きいですね。この壁をなるべく早く突破する事も大事だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。