2012年末の資産状況

1年の総括と言う意味も込めて、現在の資産状況をまとめてみました。現段階の情報を整理するのは、来年の施策を決めていく上で、とても重要になります。

<アセットアロケーション>
まずは最新のアセットアロケーションを見ていきます。
 ※生活防衛資金は別管理しているので除きます

12月は結婚式のご祝儀や冬季賞与、また年末調整での還付金などで収入が多く、そしてそれをそのまま普通預金に置いているので、現金の比率が高くなりました。反面、裏では支出もかなり多くなっています。ただ、このように収支の波が激しいのも今月までで、1月からは落ち着いて行く予定です。

理想のアセットアロケーションと比較すると、だいぶ崩れてしまっています。株式や債券に追加投資を行いたいのですが、最近は基準価格が高騰してしまい、心情的に買いづらくなっています。もっとも、そういうものに左右されないことを目的に積立投資をしているわけですから、毎月のきまった金額については淡々と投資を進めていきますが、「追加」の投資については、二の足を踏んでしまっている感じです。
とりあえず無理して投資しても仕方がないですし、次にいつ弾丸が必要になるかも分かりませんので、戦時に備えてしばらくの間は高めのキャッシュポジションを維持する方向で、やっていこうかと思っています。

<資産総額の推移>
次に資産の推移です。昨年末から今年の前半にかけては、株安や円高に苦しめられ、資産が伸びませんでした。逆に後半は一気に伸びました。ほとんどは結婚による資産合算によるものですが、やはり最近の株高の好影響も出ています。また、実際にはアセットから分離させた生活防衛資金がありますので、下のグラフ以上に伸びています。

新しい画像 (98)

<生活防衛資金>
失業時や突然の入院など、緊急生活費(生活防衛資金)として1年分を生活費を確保しています。これについては、今年度で一気に準備を進めることができましたので、大きな成果です。当初の目標は2年分の確保でしたが、最近心情的な変化があって、しばらくの間は1年分でも大丈夫なのではないか…と考えるようになってきました。決して自信過剰に陥っているわけではなく、躍起になって生活防衛資金を確保することよりも、普段の生活費の節約や適正なアセットアロケーションの実現に目を向けたほうが成果が大きいのではないかと思っています。

<インデックスファンド比率>
リスク資産に占めるインデックスファンドの比率は、72.9%となっています。名実ともにインデックスファンドを中心とした資産形成を行っています。

総括
一通り、資産状況の現状を確認しました。これを元に、来期の投資計画、運用計画を策定していきます。具体的には、毎月いくら積立てていくか、目標のアセットアロケーションにどう近づけていくか、そして「資産運用規則」を現状に即したものに変えて行ったり、来期の収入計画を立てたりします。また運用面の目標だけではなく、どのような分野に重点的に支出をしていくのか…という「使うこと」についても、計画を立てていきます。

時間的にいろいろと余裕がないのですが、年内にまとめたいと思います。

応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。