日本一の高級喫茶?

私の趣味の1つに読書があります。推理小説や経済雑誌などが好きな
分野ですが、そういう趣味をもっていると必然的に落ち着ける場所が欲
しくなってきます。
その関連もあってか、喫茶店巡りも趣味の1つになっています。

普段は近場のチェーン店(ドトールなど)を利用していますが、年末年始
に満を持して、日本一の高級喫茶と噂が高い『吉茶』に行ってきました。
この喫茶店は名古屋発祥のコメダ珈琲が経営するお店で、隣にはコメダ
珈琲の本店も営業しています。

はじめは外観のあまりの静けさに、本当に営業しているのか?と不安に
なりましたが、さりげなく「営業中」のプレートが掲げられていたので、
入ってみることに。。。

▼「吉茶」外観(暖簾がないと喫茶店と気づかないかも…)
DSC_0854

店内に入る前に値段表を確認。
フルーツジュース 1500円、ココア1500円、ブルーマウンテン1600円、
サンドイッチ1500円…「うお!高すぎ!」と思って一瞬躊躇してしまい
ましたが、開き直って店内へ。執事みたいな店員がお迎え。

店内は全て半個室状態となっており、同じレイアウトの個室は1つも
ないように感じました。「好きなお席へどうぞ」と言われたのですが、
あまりウロウロするのもみっともないので、適当に決めて座ります。

巨大なソファ(クッション付き)と高そうな調度品、そして席から見える
中庭…高いだけはありますね。

▼店内の様子
DSC_0859

せっかく来たので、ケーキセットを注文。
値段は高いのですが、ボリューム満点でかなり満足です。
もちろん、お水(ミネラルウォーター)とお絞りはサービス。

ケーキセット
DSC_0860

帝国ホテルや都内の高めの喫茶店でもこれだけの値段を取るところは
ないと思いますが、1人あたりの面積やくつろぎ具合は圧倒しています。
…というかここまでくると、家にいる感覚とかわらなくなります。
因みに他のお客さんの声は全く聞こえませんでしたが、いないわけでは
ありません。客層はシニア世代のみ!!
学生?主婦?いませんでした。。。(お子様は入店お断りだそうです)

珈琲だけでバカじゃないの?と思われるかもしれませんが、確かにそうで
す。ドトールに何回いける値段か分かりませんが、何倍も美味しいわけで
はありません(さすがにこちらが美味しいですが…)

静かに読書がしたい。ゆっくり勉強をしたい。じっくりと家族会議をしたい。
そういうニーズがある人にとっては、値段は気にならないかもしれません。

とにかく他の喫茶店とは一線を画しているので、興味がある方やお近くの
方は、機会があれば訪問してみてください。

珈琲吉茶
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23001630/

コメント

  1. kaoru より:

    素敵ですね!
    私はカフェ巡りが趣味みたいなものなので、いつか行ってみたいです
    私はカフェに行くと2時間以上は本を読んでいるので・・こんなカフェなら気兼ねなくゆっくりできそうです。

  2. taipon より:

    kaoruさん
    お客さんの回転率は悪いのが前提なので、急かすような店員はいませんでした。
    1日中は微妙ですが、空いていれば半日いても大丈夫な雰囲気です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。