転職で職住近接

仕事/給与/福利厚生

転職することによって、職住近接」が実現します。
これが転職をする動機の1つになりました。

2つの職場を簡単に比較します。

現在の職場
(家)~(駅) 7分  ※家を出て電車に乗るまで、待ち時間含む
(電車内) 35分前後
(駅)~(職場) 18分 ※降りてから職場の自分の席に座るまで

 ※終電 0時半

転職先
(家)~(駅) 7分 
(電車内) 15分程度
(駅)~(職場) 8分

 ※終電 1時前

どの電車に乗れるかによっても微妙に変わってくるのですが、ほぼ
上記のような感じです。今は家から1時間、それが転職後には30分
ということで、所要時間が約半分に短縮されます。

もちろん、本当の理想は徒歩圏内なのですが、都会ではどうしても
家賃の関係で電車通勤となるので、厳しいのが現実。
それでも30分というのはかなり恵まれているほうではないでしょうか。
電車に乗っている時間が15分程度であれば、満員電車に乗り合わ
せたとしても、それほどストレスにはならないと思います。

ただし、次の職場は今よりも始業時間が早いので、家を出る時間は
残念ながら変わりません(これは非常にガッカリ…)
朝、ゆっくりしたいのがホンネなのですが、これは仕方ありません。
それでも7時半過ぎに家を出れば間に合う計算なので、贅沢は言って
られないと思います。私の同僚には毎日5時台に家を出て、電車に乗
ってくる人もいますが、なぜ転職や転居を考えないのか、不思議でしょ
うがありません。少なくとも自分は耐えられません。。。

「職住近接」は日々の生活を充実させる為の、もっとも基本的な条件
の1つであると考えています。通勤にかける時間や労力が削減されれ
ば、その分のエネルギーを仕事やプライベートに費やすことができます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました