無難な選択肢(Tポイント)

マネーリテラシー

保有しているクレジットカードと、マネックス証券でのポイントプログラムに
ついては、定期的にTポイントに交換しています。
どちらも1ポイントで5Tポイントの交換レートです(2013年1月現在)
※SBI証券も保有しているのですが、Tポイントに対応してません。

新しい画像 (14)

なんだかんだで、年間で5000ポイント以上は交換できている計算です。
他に、TUTAYAやファミリーマート等からもTポイントの供給があるので、
けっこうちょくちょくと貯まる感覚です。

使い道はほとんどカフェ代でしょうか。おかげで外で読書をするときは
ほとんどお金がかかりません。
一応、景品に変えることもできるのですが、ロクなものがありません。。。

他にはSUICAポイント等にも変えることもできるのですが、交換レートが
微妙で、どちらも3円換算になってしまいます。総合的に考えて、Tポイン
トに換えてしまうのが、「利便性」と「換金率」で有利と判断しています。

よく雑誌とかで、クレジット特集を組んでいる回があり、興味を持って見
てはいるのですが、手間ばかりがかかって、旨味が少ない。結局、新し
いカードを作成する必要が出てくるし、管理も煩雑になってしまうだけの
パターンが多い気がします。ただ、この分野についてはまだ詳しく知ら
ないだけの可能性も高いので、ゆくゆくは改善していくつもりです。

コメント

  1. 2020年への資産運用の旅   since 2011.7.18:無難な選択肢(Tポイント) – livedoor Blog(ブログ)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました