ラピュタの幻のエンディング

ジブリの名作、「天空の城ラピュタ」を夫婦で観ました。
もう何回見ているか分かりませんが、相変わらず面白いです。

今のジブリ作品も面白いとは思いますが、初期のジブリは躍動
感とかストーリー性が段違い。作品の「深さ」が違う気がします。
何度見ても飽きませんし、結局は最後まで見てしまいます。

この作品は、過去に何度もテレビで再放送されています。
視聴率も安定しており、スゴいの一言(下記参照)
なにより25年以上前の作品なのに、古さを感じません。

1988年04月02日(土) 12.2%
1989年07月21日(金) 22.6%
1991年05月03日(金) 17.1%
1993年03月26日(金) 20.4%
1995年03月24日(金) 19.9%
1997年03月07日(金) 20.6%
1998年12月25日(金) 20.6%
2001年02月23日(金) 22.2%
2003年03月14日(金) 22.2%
2005年12月23日(金) 16.9%
2007年06月15日(金) 19.9%
2009年11月20日(金) 15.4%
2011年12月09日(金) 15.9%

因みに上の赤字の回の際、私は小学校5年生でした。家の近く
のとある旅館で見ていたのを覚えていますし、そういえば卒業式
の音楽もラピュタでした。
また青字の回のときは、29歳。今の会社で、残業中にサボって
ワンセグで見ていた記憶があります。

そう考えると、いろいろ思い出されて感慨深い。

上記のパターンに当てはめると、2年に1回は再放送しているこ
とになります。ということは、今年も地上派登場ですね!

因みにラピュタには幻のエンディングなるものがあるそうです。
私は見たことがないのですが、過去に1度だけ流れたことがある
とのこと。

公式サイトでは否定されなかったことにされていますが、見たことが
あるレアな方がいれば、教えて下さい。
うちの奥さんは、見たことがあると言っていますが果たして。。。!?

http://toshi-densetsu.com/anime/100217.html

コメント

  1. Miller3132 より:

    はじめまして、Taiponさん。
    過去ログから見させて頂いて、コメント初になります。
    幻のエンディング話には聞いた事ありますが、実際見たことないです。
    ジブリは初期の作品の方が僕も好きです。
    視聴率安定していますね。DVDを見てかりるんじゃなくて、何気に民放であった方がついつい見ちゃうんですよね。
    今度は投資関連でのコメントさせて頂きますね。
    Miller3132

  2. taipon より:

    Miller3132 さん
    確かに初期の作品のほうが面白いですよね。
    私の周りも大抵の人はそう言います(笑)
    何より25年以上前の作品なのに、古さを感じませんよね。これは凄いことです。
    またコメントお待ちしています。

  3. みかん より:

    はじめまして。
    通りすがりの者です。
    幻のEDと言われていること、初めて知りました。
    テレビでは時間内に終わらせる為にカットされる場面があるので毎回違っても不思議に思ったことがなかったです。
    だって、たくさんありますよね。
    「あれ?前はこんな場面あったよね?」とか、見終わった後によく家族で話したりします。
    言われて初めて気付くこともよくあります(笑)
    そして、幻のED、”握手して別れた”とか”石を暖炉に置いた”など私は映像の記憶としてははっきりと覚えてはいないんですけど、なんでシータ一人にするの?と子供ながらに衝撃を受けた覚えがあります。
    シータにもう家族はいないと思っていた。(誰もシータを探す人が出てこないから天涯孤独だと勝手に思い込んだ。)のに、パズーはシータを一人残して去って行った。ひどい。と切ない気持ちになったことを覚えています。
    天涯孤独な二人が幸せに暮らすハッピーエンドだと思っていただけに「ええええええっっっ!!」という感じでした。

  4. ものりす より:

    エンディングについては今後も楽しみながら確認しましょう(笑)
    そのときの編集によって変わるかもしれませんしね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。