最悪を想定して市場に留まり続ける

最近、投資環境は絶好調という方も多いのではないでしょうか?

私もその1人で、日に日にリスク資産の評価額が上がっています。
まさに稲妻が輝く瞬間に立ち会うことができました。

もちろん投資環境によるもので、自分の実力ではありません。
こういうときは、不用意に気が大きくなってしまうオーバーコンフィ
デンスに気をつけるとともに、投資環境が逆回転したときのダウン
サイドリスクを算定しておくと安心できます。

算定についてはいろいろと方法があるかと思いますので、人それ
ぞれ自分にあったやり方でよいかと思います。厳密にやってもよい
のでしょうが、計算手順が複雑になってしまい続きません。

私はこんな感じで算定しています。

①安全資産の算定
まず最悪な事態に陥った場合でも影響を受けない資産の割合を算
出します。普通預金定期預金国債、そして生活防衛資産の比率
が全資産の何割程度あるかを計算します。社債については扱いに
迷うのですがあくまで最悪な状態を想定するということで、ここでは
リスク試算として扱いました。

安全資産率=安全資産の合計/全資産の合計

私の場合これが49%でした(2月3日現在)
以後の計算を簡単にする為に50%とします。

とりあえず絶対に安全な資産が50%あるので、リスク資産が無価
値となっても財産の半分は保全されることになります。

※ここでは急激なインフレ等は想定していません
※日本国政府が破綻しないことを前提にしています


②リスク資産内の比率
残り半分はリスク資産ということになります。それぞれのアセットの
内訳をまず確認します。

・日本株式 16%
・外国株式 18%
・外国債券 8%
・その他 8%

比率をちょうど2倍するとリスク資産内のみでの比率に変換できるので、

・日本株式 32%
・外国株式 36%
・外国債券 16%
・その他 16%

となります。当然ですが、合計で100%です。
「その他の資産」には、コモディティや社債、REITなどが含まれています。

③最悪な状態の仮定
各リスク資産が最悪の場合、どのくらい毀損するのかを想定します。
ここでは100年に1度と言われた「リーマンショック」級の暴落が来る
ことを想定しました(実際にはさらにキビしめの数値にしてます)
この辺はあまり厳密に計算することはありません。ざっくりで充分です。
ただし、自分の都合の良い方向にバイアスがかかりやすくなるので、そこ
は鬼になって、キビシメの下落率を設定したほうが良いかと思います。

・日本株式 ※現値からの下落率50%
・外国株式 
※現値からの落率60%
・外国債券 
※現値からの下落率30%
・その他  
※現値からの下落率70%

※社債はデフォルトを想定(一切の権利を放棄)
※円は1ドル70円を想定

④影響度を算定

・日本株式 16%の毀損
・外国株式 21.5%の毀損
・外国債券 4.8%の毀損
・その他 11.2%の毀損

合計の毀損率は53.5%ですので、全資産に与える影響は26.75%となり
ます。例えば保有資産が1000万円だとしたら、7325000円まで減るとい
う結果です。

私のリスク許容度は全資産の3割と想定しています。
生活防衛資金や定期預金というクッションのおかげで、リーマンショック級
よりやや強い暴落にあたってしまっても、毀損率は26.75%で済むのであ
れば、とりあえずは安心です。これを事前に知っているのと知らないのと
では、全然余裕というか心構えが違ってきます
ので、計算しておいて損は
ないです。

ここを想定しておけば、暴落局面に陥ったとしても投売りをする心境にならず
にすみます。私が投資のバイブルとして活用してる『投資戦略の発想法』にも
「ゆっくりと確実に、長期間市場に留まり続ける…それが個人投資家のみが
できる必勝の投資戦略なのです」
と書かれています。
いかなる状況に置かれても、市場から撤退してはいけません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。