金融商品の保有目的を明確化する

運用に関する本を読むと、自分が何故その金融商品を選択して
いるのかという理由を明確にする
必要があると書かれていること
があります。

それに倣って、いま選択している(保有している)商品について、
その理由を1言ずつで整理してみました。

・普通預金(三井住友)  
 生活口座

・普通預金(三菱東京)  
 会社からの経費清算口座

・マネーブリッジ預金 
 給料振込口座(変更予定)

・ハイブリッド預金 
 投資余力の待避場所

・日興MRF 
 投資余力の待避場所

・定期預金
 無リスク資産

・SBI債
 効率的な利率

・特約付定期預金(りぼん) 
 旅行積立

・ニッセイ日経225インデックスファンド
 長期的な財産形成

・日本株式インデックスe
 長期的な財産形成

・さわかみファンド
 長期的な財産形成

・日本応援株ファンド(スマイルジャパン)
 被災地支援

・コマツ
 長期的な成長を期待

・三菱商事
 長期的な成長を期待

・イオン
 株主優待目的

・ソニー
 長期的な成長を期待

・TAC
 株主優待目的

・極楽湯
 株主優待目的

・eMAXIS先進国株式インデックス
 長期的な財産形成

・eMAXIS新興国株式インデックス
 長期的な財産形成

・ダウ・ジョーンズ インデックスファンド
 長期的な財産形成

・ピクテ・インデックスファンド(ブラジル株)
 長期的な財産形成

・アジア新興国株式インデックス
 長期的な財産形成

・グローバル鉄道関連株オープン
 趣味の一環

・iシェアーズ MSCI コクサイ インデックス
 長期的な財産形成

・ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(米)
 円安へのリスクヘッジ

・ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(豪)
 円安へのリスクヘッジ

・三井住友T外国債インデe
 通貨分散 

・STAM新興国債券インデックス・オープン
 通貨分散

・純金積立(G&Pプランナー)
 インフレヘッジ

・プラチナ積立(G&Pプランナー)
 インフレヘッジ

・eMAXIS国内リートインデックス
 インフレヘッジ

・eMAXIS先進国リートインデックス
 インフレヘッジ

・レジスタンスファンド
 インデックスファンドとの比較検証

もちろん他にもいろいろ理由はあるのですが、簡単にいうと
こんな感じになります。

意味もなく商品を保有し余計なコストがかからないように棚
卸しを実施していくことが重要です。

コメント

  1. taiponさん
    こんにちはnewbondsです。
    ソフトバンク債の記事をアップしましたので、
    よろしければご覧ください。
    http://newbonds.seesaa.net/article/319231549.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。