指南本より失敗本のほうが確実

下記の本を地元の図書館で借りて読みました。
銀行・ゆうちょが売りつける金融商品を買ってはいけない!

新しい画像 (17)

資産運用の本は、大別して2つの種類に分かれます。
(もしくはこの2パターンの組み合わせ)

・~したほうがよい、~するべきだ、~しよう…という指南本
・~してはいけない、~買ってはいけない…という反面教師本

指南本は著者が成功体験を語ったものも含まれるので、根拠
が不明な場合も多く、また誰にでもマネできるものではない可
能性があるものもあり、信頼できる著者かどうか見極める必要
があるなど、当りはずれがあります。
それに対して、反面教師本ははずれが少ないと言う印象ですし、
基本的にそれをしなければ良いだけですので、知識としても吸
収しやすいのが特徴です。

思考がネガティブになってしまってはいけませんが、こと運用の
本に関しては失敗本のほう役に立つ
のです。

本の内容自体はそれほど目新しいものはなく、パラパラと読み
流して終わりましたが、まともなことしか書かれていません。
最終章にあった実際の行員からのインタビュー記事が面白かっ
たです。メガバンクと思われる銀行のトップセールスレディーが
どのように顧客に商品を口八丁手八丁で「売りつけて」いくのか
が、赤裸々に語られています。
また実際に都市銀行に資産運用相談をしに行った場合、どうい
った商品を勧めてくるのか、実体験が書かれていました。
(まちがってもインデックスファンドは勧めてこない…笑)

この本で学んだ教訓を簡単にまとめておきます。

・毎月分配型ファンドで多くなるのは、資産ではなく受取回数だけ
・バランス方ファンドはF&F方式で、手数料2重取りの場合有り
・ご当地ファンドは分散投資ができない為、存在自体が矛盾している
・リスク限定型投資信託が限定しているのは、リスクではなく利益
・ターゲットイヤー型ファンドに、勝手に人生を仕切られてはならない

金融機関が「売りつけて」くる商品を買ってはいけないのであって、
売りつけてこない商品(自分で決めて買う商品)は買ってもいいわ
けですから、結局は自分で考えるしかないわけです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。