合理的ではないアルバイト先の選択

マネーリテラシー

アルバイトに行くようになって、3日になりました。
来週も3日間ですが出勤します。

時給は1500円、実働時間は7.75hです。
短期のアルバイト(登録型)で、交通費は支給されません。

このことを踏まえて、そこで知り合いになったAさんの合理的で
はないアルバイト先の選択
について、考えてみます。

Aさんは千葉方面から通勤していますが、「千葉では時給1500円
の仕事はないから、こっちのほうが割りがいい」と言っていました。

しかし、よく考えてみるとまったく割に合わない選択をしています。

まず、Aさんは片道1480円かかるところから通勤しています。
なので往復で2960円かかります。毎日出勤するわけではないので、
回数券や定期券は購入していないそうです。

またお昼は近くのコンビニで調達するので、400円ぐらい使ってい
るようです(パン2つに飲み物)。それと休憩中に必ずコーヒーを
自動販売機で買うので120円使います。

1日の収入は、1500円×7.75h = 11625円
1日の費用は、2960円+400+100 = 3480円

差引くと、11625-3480 = 8145円 にしかなりません。
実質的な時給は1051円になってしまいます。

また通勤時間は片道2時間、往復4時間かかるそうです。これら
の時間を全て拘束時間として考えると、1時間当たりの生産額は
なんと693となってしまいます。時給と1時間あたりの生産額を
単純に比較することは強引な面もありますが、この金額は東京
はもちろん、千葉や埼玉の最低賃金よりも低いものです。

家の隣のコンビニに時給800円で雇われたほうが、時間的にも
金銭的にも、そして体力的にも合理的ということになります。

・時間的にも金銭的にも合理的な選択をできていない
・交通費、買出し、コーヒーなど、節約の意識が低い

Aさんはなかなか貯金ができないと嘆いていました。
そりゃそうでしょ…もう少し考えて働けよ!と正直思います。ただ、
仕事は真面目に取り組む方で作業ペースも早く、積極的なる部分
もあるので、頼れる人という感じです。
人が良すぎて損をしている気がします。。。

これが社員だったら、たとえ割に合わなくても、「どうしてもやりたい
仕事だから」とか、「いろいろ経験を積みたい」とか、そういう考えが
あっても良いかとは思います。それにそもそも通勤費は支給される
でしょう。逆にアルバイトで、それも短期的な仕事でそれを求める必
要性は全くありません。

自分の場合は、往復で2時間、交通費は660円、昼食にはお金を
かけていないので、同じように計算すると、実質時給は1415円
1時間あたりの生産額は1208円になります。時給1200円のアル
バイトだと思って割り切っています。

2人は全く同じ仕事をしているのに、実入りが全然違ってきます。
1日でこれなのですから、日数が増えればどうなるかは一目瞭然。

アルバイトだけではなく、買い物や金融商品、不動産など、表面的
な金額だけで判断してしまうと、ろくなことがありません。

必ず裏を取って、実質的な価値で判断するようにしたいものです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました