普通の生活と普通の人生

最近、自分が気が付けば平均的で平凡な人生を送っていることに気づき
ました。何を持って普通とするのかは人によって定義が異なりますが、今
回の記事ではとりあえず統計データの平均ということを指しています。

・地元の公立の小中学校を卒業(小中はとなり通し)
・偏差値50ちょっとの高校に進学
・偏差値50ちょっとの地方の国立大に進学
・大企業でも零細企業でもない普通の会社に就職し、普通の収入
 (転職はしますが、おなじく収入は同じような感じ)
・結婚は30歳(統計をみると平均的)
・身長も平均的
・体重も平均的

参考にしたページ
 平均年収 
 http://nensyu-labo.com/nendai_30.htm
 結婚年齢 
 http://life.oricon.co.jp/2012584/full/
 身長体重 
 http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-9.html

いろいろと統計を確認してみると、なにもかも平均的。
普通に生まれて、普通に進学し、普通に成人し、普通に就職も結
婚もして…気づいたらそんな感じで生活している毎日です。

人生として面白みがないとおもう反面、これは実は奇跡的なのでは
ないかとも考えることがあります。今の世の中、先が読めず、また
流れが速く、ついていくのがやっとという不安定な時代であるにもか
かわらず、なにもかもが普通で安穏としている生活を送れていると
いうことは、すごい確率が低いこと、幸運なことかもしれません。
何事も普通が一番という人も多いですし。

それなりに挫折も苦労もしているはずなのですが、他の人ほど人生
経験が豊かではないともいえます。また、もしかしたら逆境や予想外
の展開に弱いのかも知れません。これは予想がつきませんが…

ブログ上で普段から「自分の考え方を確立することが大事」だと公言
していますが、偉そうに言っている割には、典型的な横並び日本人型
の人生を送っているようです。。。

今後は、何か自分としてのオリジナリティを出したいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。