津田沼書店戦争

まずは下記の地図をご覧ください(Yahoo地図です)

新しい画像 (25)

JR総武線津田沼駅周辺の地図です。管理人の最寄り駅です。
上記の印が付いているところ、実はこれ全て書店です。
丸善、ジュンク堂、有隣堂、くまさわ書店、そしてTUTAYAにBOOKOFFまで。
地図には載っていないのですが、地図右下部分にあるイオンやイトーヨーカド
ーのショッピングモールにも書店があります。

この書店の密度、純粋にすごくないですか?

書店の街と言うと東京の神田神保町が有名ですが、ここ津田沼では神田の
ように古書店が中心ではありません。本に関する歴史もなにもないはずなのに、
チェーン店の進出ぶりが激しいです。

そして驚くべきことに、今年4月には地図左下部分に新たな書店が進出する
とのこと。完全な過当競争ですが、こんな街ほかにあるんでしょうか?

極端な話、自分は駅の近くに住んでいますので、近所を散歩すればどの方
向に歩いても、本屋に立ち寄れます。夫婦で本好きなので、この環境はたま
りません。

全国的には活字離れと電子書籍の普及で書店の数は減少傾向にありますが、
この街ではいまのところ影響はなさそうです。

それにしても何故こんなに集中するのか?不思議だ。。。。
大学が近くにあるからか? でもそんな街はいくらでもある。
予備校が多いからか? それだったら売れるのは参考書だけのはず。
隣街に書店がないからか? 隣街は船橋と千葉。どちらにも大型書店がある。

わからないままです。。。

コメント

  1. 通行人 より:

    17歳から津田沼在住です。
    始発路線が複数ある。
    大学、予備校、塾が多い。
    大型ショッピングセンターがいくつもある。
    社宅、公団が多い。
    などが考えられます。
    検索したけど、数は新宿よりも多いようですね。
    町田あたりも同じなんでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。