皆さん給料上がりますか?

今日、テレビのニュースを見ていたら春闘の話題が多くありました。
企業側からの集中回答日だったそうです。

コンビニ大手3社に続いて、ニトリ、JINSなどが給料アップを表明。
自動車大手、電機大手等、製造業分野も一時金はほぼ満額回答。

この流れに他の企業も追随して欲しいものですが、どうでしょう。
ひょっとしたらこのブログの読者の方にも、給料アップの話が具体
的に出ているのかも知れませんね。であれば、喜ばしいことです。

因みに自分には今のところ全くの無関係の話ですがw

いまはリタイア期間で全く収入がありませんし、4月から転職予定
ですが、前職より手取りは減ってしまうでしょう。1割の減少幅で済
めば良いほうで、配属先(例えば残業が全くない部署など)によっ
ては、2割以上の減少も充分ありえると考えています。
もちろん在籍期間の関係から夏のボーナスも期待できませんから、
尚更です。安定するまではしばらく時間がかかるかも知れません。

ただし給料アップといっても、ほとんどの企業がボーナスで調整し
ているだけで、ベアには手をつけていませんので、戻そうと思えば
一瞬で戻せる余地は残している点に注意が必要です。また、結局
のところ給料アップは巨額な内部留保を抱える大企業が中心で、
中小企業には波及していません。前職ではボーナスの一時的な
アップや、ベアのアップはもちろん、定期昇給という制度すらない
企業に勤めていました。そもそも労働組合が存在していませんで
したので、経営側と話し合う仕組み自体がなかったわけです。
そのような企業にも給料アップの話が出てきて始めて、景気回復
と言えるのであって、上流の企業がバブルに踊っているだけでは
何にも始まりません。波及の範囲に関心をもちたいものです。

給料アップの話が出ている方にはぜひその分をジャンジャン使って
景気回復に貢献して欲しいです!
たとえ自分にその話が来ても、性格的にほとんどを貯金や積立投資
にまわしてしまうでしょうし(笑)だから全然貢献できません。

改めてつまらない人間だな~と思う(´Д`)

コメント

  1. 仙人 より:

    いわゆる大企業に勤めているのは1%未満です。ですので、ニュースなどで流れている情報に共感できるのはごく一部の人だけです。
    大部分のブラック企業従業員はアルバイトとさほどかわりません。

  2. ものりす より:

    事業所数だけを見れば確かに1%未満ですが、従業員数で見ればもう少し比率あがりませんか?どうなのかなぁ~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。