投資報告(2013年3月度)

今月もいつもと同じように、リスク資産への投資を行いましたので報告します。

新しい画像 (36)

前月からの大きな変更としては、さわかみファンドへの投資を停止(くわしくはこちらの記事を参照)したこと、そしてその原資の一部を国内インデックスファンドに振り向けたことでしょうか。全体的には高値を警戒して投資額を(気持ち程度ですが)抑え目に設定しています。アセットの比率だけを考えればもう少しREITや金にも資金を振り向けたいのですが、さすがに昨今の急騰振りを鑑みると、躊躇してしまいます。ただ、控えめといってもしっかりと積立投資を継続していることは確かなこと。基本的な姿勢として、相場環境に左右されずできるだけ一定の金額を積立てていくことに主眼を置いています。

株価について、いまがバブルの天井なのか、それともまだまだ序章に過ぎずこれからもぐんぐんと力強く上昇局面を継続していくのか、その予測はできませんし、できないという前提をもとに投資しているわけですから、一定の金額をリスク市場に投下していくという姿勢は重要です…というよりも、それをするしか選択肢がありません。また、現在積みあがっている評価益は、あくまで相場環境に起因するものであって、積立投資の有利さが実現したわけではないと言うことは肝に銘じなければなりません(積立投資はリスクを分散させるだけであって、勝率を上げる手法ではないことは理解しているつもりです)

なお、上記の他、e-maxisの日本債券インデックスファンドを50000円分購入しました。これは、SBI証券が行っているキャンペーンを利用し、SBIポイントを2000ポイント分ゲットする為です。新規の積立設定を行い条件を満たせば無リスクで獲得することができるので、ボラティリティが比較的低い国内債券ファンドを50000円分購入しました(条件を満たした後は売却します)。このような無リスクで確実性があるキャンペーンについては積極的に参加し、機会を逃さないようにするべきです。

新しい画像 (39)

さて、まったくの余談になりますが、我が家の周り(津田沼駅南口)はいま再開発の嵐です。少し前までは長閑なニンジン畑が広がっていたのですが、一挙に区画整理が実施され、マンションやショッピングセンターが建設され始めました。今は仕事をしておらず比較的時間が取れるおかげで良く近所を散歩するのですが、毎日街並みが急激に変化する様を見ては、驚いています。アスファルトの強烈な香り、行き交う重機、そして大勢の作業員など、活気に満ちています(個人的にはこの重機やアスファルトについては東北の被災地に回すべきと考えますが…)

▼再開発の風景(複合商業施設・奏の杜フォルテが建設中)
奏での杜

▼再開発計画
新しい画像 (38)

なお、写真の奥にあるマンションですが、完成前に全戸完売しているようです。また、近隣のマンションも販売が好調のようで、これからもしばらくはマンション建設が続くでしょう。1年後に街がどのように変貌しているのか、まったく予想が付きません。毎日、サカイ引越センターのトラックが引っ切りなしにやってくるところを見ると、引越が集中しているのでしょうか?人口が増えていく様が伺えます。

私が関心を寄せているようのと同じように、付近に住んでいる方も興味を持ってブログで取り上げているようです。興味本位で、最近ちょくちょく覗かせてもらってます。

奏の杜ブログ(千葉県習志野市奏の杜)
http://ameblo.jp/kanadenomori/
津田沼の人
http://tsudanuma.minim.ne.jp/

街開きは4月13日を予定しており、街開きイベントも行われるとのこと。こういう風景の変化を身近に見られる機会は滅多にないので、珍しいもの見たさにしばらくは散歩を続けられそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。