財布の使い方に拘ろう

マネーリテラシー

皆さんは財布をどのように扱っていますか?最近財布に関する本が良く出ているようですが、自分も財布の遣い方については、いろいろとこだわりを持っているほうだと思います。拘ったところで、金運が向上したり仕事運が上がるといった類のオカルト要素については合理性を感じませんし、どちらかというと否定的ですが、少なくとも財布とおカネを丁寧に扱うことによって、気持ちよく経済活動を行うことができます。そこから生まれるプラス要素はバカにできません。

財布の使い方で、拘っていること、注意していることをまとめました。

・財布は長財布
・色は落ち着いたものに限定
・お札入れと小銭入れは分ける
・お札の向きは揃える
・千円札は手前、万札は奥
・財布に入れるカード類は厳選する
・カード類の向きは揃える
・お金と親和性の低いものは入れない
 (会員カード、レシート、回数券、ポイントカード、保険証など)
・開運グッズの類は入れない
・財布は胸ポケットにしまう
・月に1回程度のメンテナンス

こんなに決まりがあって面倒じゃないのか?と思われるかもしれませんが、慣れればなんとも思いませんし不便も感じません。逆に、この決まりに従わないと気持ちが悪くなってきます。さらに細かい人になると、全てを新札で揃える、お札を使う順番が決まっている、入れる金額が決まっている…と言うこともあるらしいです(さすがにここまで拘る気にはなれません…笑)

巷で出版されている本のように、財布を見れば年収が分かる!財布を見ればその人の性格がわかる!とまでは考えていませんし、小物1つの扱い方だけで決め付けられるものではないと思います。ただ、財布がおカネの入口と出口という結合点の役割を果たすことについては確実なので、その部分を疎かにしてしまうと金運が上昇しない、或いは管理が杜撰になってしまう…と考えることについては、ある程度の信憑性があるように思えます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました