意味のない財形貯蓄制度

マネー本では、財形貯蓄制度は財産作りの王道と呼ばれています。
主に紹介されるメリットは次のような感じ。


1. 利息に税金がかからない
     (非課税機能)

2. 給料天引なので、強制的に貯蓄ができる
   (強制貯蓄機能)

3. 引き出す際に手続きが必要なので、引き出しにくい
    (解約抑止機能)

職場でも財形貯蓄の案内がありました。
確かに魅力的な制度なのですが、たぶん見送ることになります。

なぜか?

とにかく紹介された利率が低すぎるんです。
ネットバンクのキャンペーン金利に遠く及びません。

雀の涙(蟻の涙?)程度の利息を非課税にされても効果なし。あったら
あっただけ使ってしまう性格でもないので、強制貯蓄機能も必要なさそ
うです。むしろ低利で長期間拘束されるリスクを取りたくありません。

ただし、あまり財形には詳しくないのでもう少し検討することはします。
もしかしたら気づいていないだけで、相当のメリットがあるのかも。前職
ではこのような制度自体がありませんでしたので、知識が不足しています。

今のところは、FPが絶賛しているほど魅力的な制度とは思えませんが。。。

コメント

  1. kim99 より:

    こんにちは、財形貯蓄、2012年の2月に、積立貯蓄にかえないかという案内がきて、利率みて、積立貯蓄にかえました。その積立貯蓄の利率も低いので、解約して、リスク資産に投資、私のリスク資産への投資のスタートは、財形貯蓄の金利の低さでした。生活防衛資金を東京スター銀行の一週間定期にしました。積立貯蓄に移るキャンペーンでもらえる商品券=積立貯蓄の解約手数料だったような、、
    300万円で 0.5% 3か月、、、300万円がな、、、
    http://www.smbc.co.jp/kojin/campaign/enteiki_yokin/index.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。