生活防衛資金を17ヶ月分に上乗せ

資産の一部を分離し、生活防衛資金の枠を17か月分に拡充しました。

生活防衛資金とは、突然の入院やリストラ、大規模な災害など、万が一の不測の事態に陥った場合に日常生活を維持する為に、予め確保しておくべき生活費のことを指します。個人的な目標として、2年分(24ヶ月)の生活費の確保を目標としてますので、それに向けてコツコツと積み増ししていますが、今回は余裕があったからというよりも、急騰する市場に対するリスクへの耐久性を持ちたいと思ったこと、そしてあまりにも定期預金の金利が頼りにならない状態なので、行き場を失ったということがおおまかな理由となっています。

・2012年8月:0.5ヶ月分を確保
・2012年9月:資金枠を6か月分に拡充
・2012年10月:資金枠を10か月分に拡充
・2012年12月:資金枠を12か月(1年)分に拡充
・2013年1月:資金枠を15か月分に拡充
・2013年3月:資金枠を16か月分に拡充
・2013年4月:資金枠を17か月分に拡充

残り目標まで、あと7か月分です。さすがに今年中の達成は厳しいですが、当初目標としていた「2年以内」という期間については余裕で達成できると見込んでます。2年分の生活費が確保できれば、考えられうるリスクに対しては、ほとんど備えることができるでしょう。もちろん運が相当悪く、想定外のリスクが発生した場合はその限りではありませんが、あまり気にしすぎても非効率ですし、切がなくなるので妥協します。人生諦めも肝心です!

株高に浮かれるのも良いですが、そんなときこそ守りを固めるべき。
ブログでは積極的に投資に手を出しているように見えますが、生活防衛資金と無リスク資産を合わせると50%弱は安全資産で運用しています。他の投資家と比較すれば、臆病な運用を続けているといえると分析してます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。