4月5月6月は残業を辞めよう

社会保険料を上げたくないなら、この時期の残業は抑えたほうが無難。
保険料改定の基準である標準報酬月額が、この3ヶ月の平均で決まる
からです。よって自分の労働時間を管理できるのであれば、極力残業
は控え、少しでも社会保険料の負担を減らすべきです。
一時的に所得を膨らせても、結局は1年かけて持っていかれます。

健康保険はどんなに負担しようが、窓口3割負担(現役世代)であること
に変わりありません。多く払っても払い損です。

厚生年金は報酬比例部分もあるので一様に損得は言えませんが、この
国の今後の年金制度を考えると、全く当てにできるようなものではないと
思います。よっぽどリスク資産への積立投資のほうが賢明でしょう。

自分にとって運がいいことに、まだまだ転職したてで自分でできる仕事が
少ないので、これ見よがしに定時で帰宅しています。ムダに残っていても
意味がないですし、コスト意識がない奴と思われてしまいます。
そもそも労働時間が長いからといってよい仕事ができるわけでもないです。

皆さんも無駄な保険料を払わなくても済むよう、充分気をつけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。