お勧めの投資本

ブログの右帯にお勧めの投資本を公開しました。どの本も大変
良心的で、文句なく名著といえますので紹介させていただきます。
(詳細については画像をそのままクリックしてください)

良書は何度も読み返し、自分の血とし肉とする事が重要です。
試験勉強などと同じで、あまり浮気をせず繰り返し1冊の本に集中
することで、知識の吸収力が変わってくると思います。
もちろん1冊に固執しすぎると視野が狭くなるので、ある程度の冊
数が必要なのも確かですが…

今回は私なりに選んだ本を12冊ほど紹介してみましたが、この項
目については、今後いろいろと本を読んでいく中で気に入ったもの
があれば、順次入れ替えていきたいと思います。

また、個人的な感想ですがインデックス投資をしていると、ある程度
他のインデックス投資家の方と読む本が似通ってくるのを感じます。
それだけ金融関係、特に資産運用の本は、当りはずれが大きく、
また良書の割合が少ないということの裏返しです。

良書を見極める方法はいろいろとあるかと思いますが、私の場合は
年率10%以上の成果を期待させる本は怪しいと思っています。
その裏にあるリスクが説明されていればまだ救いがありますが、そう
でない本もたくさんあります。今の低金利の時代、5%の運用益を確
保するだけでも至難の業なのですからね…

得てして良書は夢を語らないですし、内容が現実的で面白みがありま
せん。ですが、運用に面白さが必要ないのも事実です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。