自分の時間単価を知っていますか?

前職と現職の1時間あたりの時間単価を計算してみました。
それぞれ計算式が異なるので、改めて確認しながらの計算でした。

前職の場合
時間単価計算式:
 {(基本給)+(諸手当)}/(8h*20) 
計算結果:1594円

定時単価は 12752円 (1672*8)
残業単価は 1992円 (1594*1.25)
休日単価は 1992円 (1594*1.25) 

※休日単価、厳密には違法ですね…(^^;

現職の場合
時間単価計算式:
 {(基本給+諸手当)*12月}/{(38.45h*52週-7.45h*17)}
計算結果:1672円

定時単価は 12958円 (1672*7.75)
残業単価は 2090円 (1672*1.25)
休日単価は 2257円 (1672*1.35)

前職と比較し総じて単価が上昇していることが分かります。やりがいや
環境を抜きにして、単純に労働単価だけを見れば転職は成功している
と言えるでしょう。単価としてはわずか80円ほどのアップですが、1ヶ月
換算で1万以上、年間で考えると15万以上も金額が変わってきます。

よくコストを考えて仕事をしろ!と言われますが、そもそも自分のコストを
正確に知っていなければ、意識のしようがありません。そう言ってくる上司
ですら、自分の単価を知らない可能性があります。

導くための計算式などについては就業規則等に説明があるはずなので、
自分の単価をしっかりと把握し、いまやるべき仕事がその単価に本当に
見合っているのかを考えながら、取捨選択をしていきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。