自己責任で片付けることの危険

MRIによる巨額な詐欺事件が世間を騒がせているようです。安愚楽
牧場、AIJに続き、この事件も記憶に残りそうです。

この怪しい投資について、実は当ブログで記事にしていました。ブロ
グ立ち上げ後の間もない、2011年8月の記事です。
2つのMに要注意

当時は2つのM投資が危ないと思っていたのですが、最近ではMRIを
含めた3つのM投資について懐疑的に考えていました。そのうちの1つ
が今回瓦解したわけです。

騙されるほうが悪い!うまい話には裏がある!といくら言ったところで、
理性的に行動できないのが人間です。例えばの話ですが、自分だって
生活が追い詰められたり、急に巨額な負債を背負ったりした場合、正
常な判断能力を失い、何に手を出すか分かったものではありません。
自分も含めて、全ての人間に理性的な行動は期待できないわけです。

なので少しでも理性的になる為には、頼りになる判断材料が必要にな
ります。この場合の判断材料は長期国債の金利しかないでしょう。
元本が保証された商品で、長期国債の金利よりも飛びぬけて高い利
率を誇る商品があるとすれば、それは全て詐欺と考えるべきです。

それと、当たり前の常識を知っておくべきです。
常に逆の立場、つまり売り手の都合で考える癖をつければ、心強い。

1.そんなにおいしい商品ならば、なぜ自分たちでやらないのか?
  (儲からないと知っているから)

2.その魅力的なはずの事業になぜ銀行は投資(融資)しないのか?
  (儲からないと知っているから)

こういう事件が起こった際に、安易に自己責任論で片付けてしまっては、
何も学べませんし、それどころか必ず足元をすくわれるハメになります。
繰り返しになりますが自分も含めて、全ての人間に理性的な行動は期
待できないという
変えられない事実があるわけですから、油断しないよ
うにしたいものです。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。