故事成語で運用方針を語る

預金だけでは雀の涙ほどの利息しか得ることができません。石の上に
も3年
といいますが、この低金利では資金を倍にするにも数千年、或い
は数万年かかってしまいます。定期預金にすれば多少金利は上がりま
すが、所詮は五十歩百歩でしょう。

そこで投資を検討する必要が出てきます。ただし急がば回れ。まずは
ある程度の勉強をする必要があります。知っているのと知らないのとで
は、結果に雲泥の差が出でしまいます。

そして、君子危うきに近寄らということで自分が理解できないような商
品には近づかないこと。転ばぬ先の杖はいくらあっても邪魔になること
はありません。石橋は叩いて渡に限るというわけです。準備や勉強も
せず、無謀な投資(投機)に走ってしまっては、あとで後悔することにな
ります。まさに後悔先に立たず大損を出した後で、世の中や金融機関
に文句を言ったところで、所詮は負け犬の遠吠えです
それともう1つ重要なのが、短期的な価格の変動に一喜一憂しないこと。
短期は損気、長い目で資産を見守りましょう。

世の中、一寸先は闇です。未来は予測できません。そんなときは平均
に賭けることができるインデックスが最適です。自分がインデックス投資
という投資法を知ったとき、それはまさに青天の霹靂でした。
善は急ということで、すぐさまインデックス投資を始めました。

知識を効率よく得る為には、良書を良く読みこなしましょう。。現実的な
ことを淡々と解説されている方、そして多少厳しいことを指摘してくれる
方の本が良いです。良薬は口に苦といいます。心地よいことばかりを
主張する本は、商業的な匂いがするため信用できません。
ただし1度読んで満足してしまっては、宝の持ち腐です。何度も読み
ましょう。いずれ雨降って地固まる、それが使える知識に変わります。

そして投資よりも大事なのが節約。とくに固定費の圧縮は効果大です。
少しの金額でも、塵も積もれば山となる、バカにできません。
くれぐれも投資結果だけに浮かれて、生活水準を上げすぎないこと。
おごれるもの久しからず、
油断しているとしっぺ返しにあいます。
ただし小遣いや車の維持費など、どうしても節約できない項目は無理
に節約をする必要はありません。家計の中の弁慶の泣き所だと思って、
潔く諦めることも肝心です。なんでも完璧主義では続きません。

蛇足ですが、ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. ひでぽん より:

    確かに節約は大事ですよね。固定費は削れる所は徹底的に削る。
    また、生活にゆとりがなく、都内などにお住まいの方は車は所有しないことも節約につながりますよね。車の維持費、駐車料金、ガソリン代等バカにならないですよね。今はカーシェアリング等、便利なサービスが普及しているのでそれで我慢!(ただし、地方等車必須の地域は除く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。