お金だけを考えたら共働きが最強

マネーリテラシー

最近はできるだけ時間を作って本を読むようにしていますが、
週末にも1冊の本を読みました。

最近、2人で1冊の本を出す共著というパターンが多いように感じます。
ただ私はこの共著という仕組みはあまり好きにはなれません。
実際にはどうなのか分かりませんが、編集部が変にバランスを取ろう
として、せっかくの個人の主張が埋没しかねないと思うからです。

すみません、蛇足でしたね。

この本の言いたいことは、いかに共働きがこれからの時代に有利な
働き方なのかということです。

①共働きは税制面で有利である (財産形成のメリット)
②共働きは精神的にも安定する (効果的なリスクヘッジ)
③共働きは世間にも良い影響を与える 
(消費経済への貢献)

実際に我が家も共働きですので、この本で紹介されているメリットは
最大限することができます。

もちろん子育てや一方のリストラなど、状況が転じて、1馬力にならざ
るを得ない場合もありえますので、理想は共働きであっても、それを
実現できない世帯も数多くあります。我が家も私の1馬力になった場
合を考えると、特に生活に困るということはないでしょうが、それでも
財産形成のペースダウンは避けられません。

ただし人間はお金を貯めるだけに生活していないのも事実です。
そんな人生は虚しいですし、哀れですらあります。

何かあったときは迷いなく1馬力生活を決断できるよう、今のうちに
共働きメリットを享受したいものです。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. アフロ より:

    >ただし人間はお金を貯めるだけに生活していないのも事実です。
    まさしくその通りですね、
    小生の家庭でも持病持ち2人で収入は不安定ではありますが、なんとか幸せには暮らしています。
    幸福と投資、そのバランスを見極めるのが大事なのでしょうね。

  2. monoris より:

    コメントありがとうございます。お金に苦労するのはごめんですが、だからといってお金におぼれる(支配される)人生だけは避けたいものですね。今後もがんばりましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました