財政破綻時をイメージする

マネーリテラシー

皆さんは日本の財政における継続性について、どのように考えて
いるでしょうか?1000兆円を超えなお増え続ける借金、そして少
子高齢化の影響で先細っていく金融資産…
私は日本という国が破綻することはないと思っていますが、かといっ
てこのまま平穏に時が過ぎるとも思っていません。錬金術や魔法の
杖がない以上、将来なんらかの兆候なり影響が出てくるはずです。

ましてや日本という国は戦時国債等でデフォルトをした前科がある。
国家権力というものはいつ暴走するか分かったものではないので、
充分に監視、注視する必要があります。

通勤時間を利用して下記の本を読みました。


この本はいたずらに国家破産を煽っていないところに好感が持てます。
なのでパニック商法には当てはまりません。また、著者は一貫して未来
は予測できないと主張しています。潔いよい姿勢です。

良書というか非常に良心的な本なので、国家破綻のイメージを掴む為
には最適な本でした。恐れる必要はないが備える必要はあるという
考えにも同調できます。しかもいまの現役世代、特に若年層はインフレ
というものを経験していません。恐ろしさを肌で感じていないのです。

もっとも後半に出てくる国家破綻を利用した一攫千金狙いについては、
色気を出さないほうが賢明であると思いました。著者も指摘していますが、
素人では手が出せない(もちろん私もですが)のはもちろんなこと、一生
の一度の博打として勝負をかける勇気があるなら挑戦する価値はありま
すが、少しでも予想外の値動きをしてしまうと、レバレッジの負の効果が
襲い掛かり、即座に市場から退場のうえ、全財産を失う羽目になります。

英語が堪能で国際感覚に明るく、金融の知識が豊富であるならば、キャ
ピタルフライトという考えも有効でしょうが、私のような凡人にとってはや
はり敷居が高く感じてしまいます。国内の銀行、証券会社で対応できる
ヘッジ方法を地道に検討していくのが現実的ではないでしょうか。

因みに自分の考える究極の日本国家破綻対策は、金でも株でも、個人
向け国債でもなく、米ドルのタンス預金です。
基軸通貨を手元に持つことに勝る安心はないと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. 日吉 より:

    はじめまして。日吉と申します。
    いつも勉強になります。
    私は財政破綻する前に、国はあらゆる策を実施すると思いますので、マイナンバー制度が恐ろしいです。
    あと10年後には資産も公開され、税金も上がり…本当に恐怖です。

  2. アフロ より:

    この先どうなるかわからない。ギリシャやキプロスを見ていると他人事ではないように感じます。
    日本の財政を危惧する小生としては、徹底した国際分散投資がよいかなと思っているのですが。どうなのでしょうかね…。

  3. monoris より:

    >日吉さん
    ほんとに最後は何するか分かりませんよね。
    預金封鎖はないにしても、資産に税金を課すことも考えられますし。
    >アフロさん
    ほんと他人事ではありません。
    自分は2020年までに何らかの兆候が現れると思ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました