有給は完全に消化するもの

4月に転職し、2ヶ月が経ちました。

最初のころは分からないことも多く、いろいろと苦労もありましたが、
今では仕事にも慣れ、なんとかやっていけそうだなという感触に至っ
てます。もちろん、まだまだ油断はできませんが…

この2ヶ月間は自分で「研修期間」と位置づけ、毎日どんなことがあ
っても仕事に行く
という目標をたてて、出勤していました。

来月からは積極的に有給(年休)を消化していく予定です。
仕事には確実に来るが、認められている休みは計画を立てて全部
取る。これは前職のときから変えていないポリシーです。
上司との面談の際も、その考えは伝えました。有給を溜めて、挙句
に捨ててしまって、それを嘆いていたり自慢している人もいますが、
全く理解できません。有給は毎年の完全消化が当たり前です。
うちの会社は…、人が少なくて…、仕事が忙しくて…、上司が認めて
くれない…というのは単なるいいわけです。

堂々と有給を取るには、最低限のマナーがあります。

①普段の出勤実績は完璧にしておく。信用を作るためです。
②同僚の急な休みに文句を言わない。恩を売れます。
③同僚に有給を消化するよう促す。
④休む日については、繁忙期を外すなど一定の配慮をする。

あいつは、しっかり休みを取るけど普段はきちんと休まずに出勤する
奴だ
というキャラ作りができれば、有給完全消化の道が開けます。

仕事ばかりが人生じゃありません。
休める人はどんどん休みましょう!

とくに新人や転職したての人。キャラ作りに失敗すると、休まない人、
休みがいらない人、というレッテルを貼られてしまいます。
間違っても頼られて嬉しいと喜んではいけません。単に利用されてい
るだけかもしれませんからね…

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. アフロ より:

    有給をきちんと消化する。素晴らしいポリシーだと思います(尊敬)。
    小生は患いの身ですが、ついつい無理をして会社を休まない事が多々あります。これではいけませんね。反省。
    monorisさんを見習いたいと思います。

  2. monoris より:

    >アフロさん
    責任感が大きい方が休めなくなってしまうというのはあるでしょうね…
    また会社というよりは、上司の考え方にもかなり左右される問題だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。