おカネ持ちは無条件に尊敬しよう

違法行為をしてまで利益を得ていたり、親の七光りを利用してのうのうと
暮らしているドラ息子は別としても、基本的におカネ持ちは尊敬できる対
象だと思ってます。理由をいくつか挙げてみます。

・資産を築く才能に満ちている(仕事ができる、運が強い、勉強好き)

・資産をうまくコントロールしている(忍耐力、意志の強さ)

・一般人と比較するとより経済に貢献している(個人消費額)

・多くの人を間接的に助けている(納税額)

・事実として温厚な人が多い(金持ち喧嘩せず)


残念ながら日本社会はこれだけ尊敬に値する人たちを、リスペクトしません。
むしろ妬んだり、蔑んだりしている感じもします。
金持ちからもっと税金を搾り取れ!という論調に至っては、論外と思います。
私は税制のプロではありませんので確信めいたことはいえませんが、少し
勉強した限りでは日本の税制や社会保障制度は相当庶民に手厚く、逆に
富裕層に厳しい税制だという感触があります。

富裕層に逃げられたら、代わりにあなたが納税できますか?
できませんよね?少なくとも自分には無理です。。。
なので、おカネ持ちに敵対しても、まるでメリットはありません。

いろんな意味で貢献してもらっていることには変わりがないわけですから、
積極的にリスペクトし、学べるところは学ぶ貪欲さを身に着けましょう!

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. tanakayama より:

    違法行為でなくても尊敬できない金持ちは結構いませんか。ブラック企業、死の商人(武器製造や輸出)、無知な庶民を相手に吸い取る金融業者(高額の信託料金を売る投資信託)不良債権とわかっていながら販売しつづけたサブプライム関連の強欲金融マン。昔は違法ではなかった金持ちは奴隷商人、植民地主義者、王様貴族。たぶん貴殿のいう金持ちとは小金持ち程度の人のことかも知れませんね。
    定年後も働きつづける小金持ちの老人のつぶやきです。

  2. monoris より:

    >tanakayamaさん
    コメントありがとうございます。
    ブラック企業は私の中では違法行為をしている企業という位置づけです。
    サービス残業の強制、有休が取れない、相手を不快にさせる退職奨励など。
    死の商人・・・これは確かにそうですね。道徳的に許されない人たちは尊敬できません。
    金融業者については、無知である人たちにも責任がありますので一概には言えないと思います。
    不要に高いものを売りつけるという行為、これは金融に限った話ではな、あらゆる業種でも同じようなことが行われているでしょう。もちろん全てを自衛することはできませんが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。