ブラック企業のバイト経験に感謝

いま、世の中ではブラック企業に関する論議が花盛りなようです。過度なサービス残業、休みが取れない、名ばかり管理職、追い出し部屋、違法行為に手を染める、ノルマが厳しい、求人内容がウソ。。。例を挙げれば枚挙に暇がありません。

当然そんなところで働くのは嫌なので、避けたいものです。日本には職業選択の自由があるので、嫌ならやめれば良いだけですし。

ところが簡単に辞めてしまうとスキルも付かないし経験にもならないので、次の転職先を探す上で不利になります。同じことを繰り返すうちに年齢を重ねてしまって、ジリ貧になることも大いに考えられます。

よって、ホイホイ辞めれば良いほど単純でもなく、ある程度はガマンしなければならないところもあります。全ての法令を遵守し、利益も上げ、人間関係も良く、おまけに待遇の抜群な職場など、あるわけがないのです。

自分にとって大きな財産となっているのが、ブラック企業でのバイト経験。職種は明かせませんが、聞けば「あ~大変そうだよね」となる業種です。

なんせこんな職場でした。

・上司が部下を殴る蹴るは当たり前
・お客さんも、同じ人間として理解ができない人が多い
・休みの取れる雰囲気が全くない(有休って何?というレベル)
・終わらなければ自分の責任(仕事遅いくせに残業代?)
・体力は相当使う(若いうちしか勤められない)
・35歳以上が極端に少ない
・使えないとみなされたら速攻で自己都合退職に追い込まれる
・深夜まで業務は当たり前
・理屈は通用しない。根性、気合、やる気が重要
・上司に土下座させられていた同僚もいた

ヤバさ全開の条件が揃ってますが、それでも学生時代に2年間勤めました。何度も行きたくないと思うことがありましたが、結局休むことはなかったです。

当時は散々な職場だと思っていましたし今でも2度と働きたくないと思いますが、それでもそこで働くことによって相当の忍耐力とストレス耐性を身に付けたと自負しています。最後は奇跡的に円満退社までする事ができました。

この経験に比べたら前職も今の職場もなんてことありません。語弊があったらいけませんが、楽勝もいいところです。少なくとも殴られる心配をしたり、倒れる心配をしなくて良いわけですから(笑)

当時のブラックバイト先で直属の上司に言われた一言。「ここのアルバイト程度で音を上げるようじゃ、世の中やっていけねーぞ!」

いや、やっていけますって ゜(´Д`)゜。

今だからいえますが、後にも先にもここ以上にキツい職場はないはず。世の中もちろん甘くありませんが、そんなところで勤まらなくても十分にやっていける!と確信してます。

それにしてもすごい職場だった。。。。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。