ブラジル市場はオリンピックに沸いてない

時事/雑感

保有しているファンドのうち、ピクテインデックスファンド(ブラジル株)だけが
長らく含み損を抱えていたのですが、このところの世界的な株高でいつのま
にか解消していました。

東京市場はオリンピック決定で沸いていますが、オリンピックどころかワール
ドカップも一緒に開催するブラジルがこの状態ですよ(笑)開催は7年後ですし、
イベント開催の有無で沸き立ちすぎるのも、どうかと思う次第です。
もっともこの7年間で大化けする銘柄もあるはずなので、才能有る投資家は
大きな財を成すかもしれません。自分には無理ですが。

新しい画像 (80)

現在のところ含み益が40%、それにしても良い時期に仕込んだなぁ…と改めて
思います。なお、ここに掲載されているファンドはひたすら積立てている状態で、
1度も売却していません。来年から証券優遇税制が廃止されますが、それでも
利益確定売りをするつもりは今のところないです。

たまたま運が良かったので上記の結果になっていますが、全ての保有ファンド
をプラス圏にすることを期待して投資してはいけません。トータルで長い目で見
てプラスになれば!くらいの気持ちで気楽に続けるのが一番です。

リーマンショック後に本格的に参戦し、その後売却をほとんどしていない投資家
であれば、多少の差はあれ、似たような成績になっているかと思います。

未来はどのような展開になるかわかりませんが、淡々と積立投資を実行するの
みと決意を新たに頑張ります。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました