子供の教育話に花が咲く

仕事/給与/福利厚生

よく職場で話題になるネタに、子供の教育問題というものがあります。

うちの息子が受験で…とか、どこどこの塾がいいとか、そういう話題。
学区制がどうだとか、中高一貫校がどうだとか、進学実績がどうだとか。

こういう話題を聞くたびに、田舎に生まれてよかったと思う。
そして同時に都会の子供が可愛そうに感じてしまいます。

田舎は何をするにしても(良い意味で)選択肢がありません。
一番家から近い小学校に通って、その隣の敷地にある中学校に進学する。
大学進学を狙える高校は市内に一校しかなかったので、自然とそこに行く。
そんな感じでした。中学入試とか、存在知ったのは大人になってからです。

通える場所に塾なんてありませんし、塾に通う人は学校の勉強だけでは理
解できない人が仕方なく行く場所
だと思ってました。東京では意味が逆にな
るようですが。。。

好きで勉強に励んでいる子供にはトコトンやらせるべきですが、嫌々やらせ
るものではないと思ってます。一言、「別に勉強なんてしなくてもいいが必ず
あとで苦労するし、そうなってもダレも知らんぞ」と言っておけば良いのです。

中学校のとき夜遅くまで勉強しているときがあったのですが、そのとき部屋
にきた親に言われたのが「電気代がもったいないから早く寝ろ」でした。。。笑
今思えばとんでもない親ですね。職場で見かける過干渉の親たちとは異なり、
完全な放置プレイでした。まぁそのほうが、こちらも気楽で良かったですが。

子供は嫌いではありませんが、たとえ自分に子供ができたとしても、あまり
教育方針には興味がないという感じです。私立に行きたいと言い出したら
必死に国立にするよう説得するかも知れませんが、最後は本人次第です。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました