給与明細は必ずチェックするもの

仕事/給与/福利厚生

以前の職場も今の職場も、給与明細はWebで伝送されるだけです。
同じような方も多いのではないでしょうか?

おカネも直接ではなく銀行振込が主流、そのうえ明細も渡されない
のであれば、中身について興味が薄れていくのは当然です。

もちろん、ここで放置するわけには行きません。

私の場合、給与明細がWebで伝送されたら、必ず当日中にプリント
アウト。アナログな感じがしますが、毎月分をファイリングしています。
この習慣は5年以上継続しています。

給与明細で私が確認している事項が何点かありますので、列挙します。

・税(社会保険料含む)の負担率(税金への感度を高めるのが目的)

・自分の労働単価、残業単価(1時間あたりの労働価値を把握する)

・残業依存率(収入の何割が実力以上に水膨れしているか?)

・収入の昨年比

実は給与額面自体には、それほどチェックする価値はないかもしれません。
(残業や手当、交通費等によって、いくらでも変動するわけですし)
それよりも、どの程度税金を負担しているのか?労働価値(実力)はどうな
のか?という客観的なデータの把握が重要だと思います。

毎月の確認は面倒な作業に思えるかもしれませんが、慣れれば3分5分の
世界です。しっかりチェックして、収支をしっかり把握(管理)しましょう。
給与明細の確認に限らず、何事もちょっとしたことをメンドクサがるとロクな
ことがありません。大抵、状況が悪化してもっとメンドクサクなるだけです。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。
 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました