現金の出番は減る一方

最近、おカネ(現金)を使う機会がメッキリ減ってきました。
節約しまくっているということではなく、別に使う額が減っているわけでも
ないのですが、毎日の消費シーンで現金の登場頻度が激減しています。

・高額なものの購入や、外食の際はクレジットカード
・普段、仕事に行く日は電子マネーのSUICA

特にSUICAは電車(通勤)に使える、バスにも乗れる、コンビニで使える、
おまけにオートチャージに対応させているので、改札でチャージする必要
すらなくなる…そうなると、ATMでおカネを下ろす頻度も減っていくという
ことで、平日においては現金の登場シーンがありません。
小銭がかさばることもないですし、レジ前でジャラジャラする必要もありま
せん。使用履歴も残るので相当に重宝しています。

弊害があるとすれば、最近、財布の中身(残額)がどうなっているのか、
感度が鈍っていること。お札が1枚もなくても、何とかなってしまう日常が
続いてしまっているので、イザというときに財布の中は空っぽということが
冗談抜きでありえる展開です。

仕事場にある自動販売機(もちろんSUICA非対応)で100円のコーヒーを
買おうとしたところ、お札はないし、小銭は180円しかない状態でした。

便利すぎると、それに頼りすぎてしまい、最終的には依存してしまいます。

気をつけたいものです。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。