サラリーマンは自宅を買うな

不動産/住宅購入

最近、周囲で自宅やマンション購入の話題で盛り上がっています。
おそらく、消費増税の前の駆け込みでしょう。

ただ自分はどちらかというと賃貸派なので、そういう話題に関しては、
割と冷静に聞いています。

書店に行けば

・理想のマイホーム
・後悔しない家選び
・あなたも手に入れられる

このへんのキャッチフレーズをよく見かけます。逆に、「買わない方が
いい」「買ってはいけない」という本はほとんど見かけません。

そんななか書店で目に入ったのが下記の本です。

前半でさんざん賃貸のメリット、所有者(大家)のデメリットを強調して
おきながら、後半には思いっきり不動産投資を勧めているという矛盾
はあるものの、買わない理由についてそれなりの説得力があります。

購入と賃貸どちらが得か?これは決着がつかない2元論であり、ほと
んど神学論争のレベルです。前提条件や経済情勢(金利水準)など、
結果を左右させる要素はいくらでもあるので、何とも言えません。
所有すること自体に価値があると思う方もいるでしょうし、それで夢や
安心が得られるのであれば、当然否定できません。

本の中でも触れられていますが、賃貸の魅力はとにかく気軽なことです。
嫌になったら引っ越せばいいし、面倒なことは大家さん任せ。

個人的には所有することに重きを置く生活スタイルは、好きになれません。
車もレンタル、家もレンタル、できれば物もレンタルですませられるような、
所有(維持費の発生)を避けるシンプルな生活を心がけたいと思います。

グランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました