マネックス債の劣化が残念

マネックス証券から恒例のマネックス債(第30回)が発売されています。
http://www.monex.co.jp/Etc/topbn/guest/G800/new2013/news1310_15.htm

新しい画像 (19)

従来発行されているマネックス債に比べて、金利がアップしているので、はじ
めは祭りか!?と思いましたが、そんなうまい話がある訳もなく、期間が5年
縛りになっています(従来のマネックス債の5倍です)

それでも高金利には変わりがないのですが、BBBという格付けと固定金利と
いうことを考えると、個人向け国債変動10年ほどの安心感はありません。

「少額」「短期」「円建」というのがマネックス債の強みでしたが、その一角が
崩れたという印象です。今後も同じような中長期債の発行をすすめるのであ
れば、金融商品としての評価を変えざるを得ません。
年金世代ならいざ知らず、5年も資金が低金利で拘束される商品を歓迎する
ことはできません。

いつもはマネックス債購入に参戦してきましたが、今回は躊躇なく見送ります。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. kim99 より:

    今だと、3年で2.0%位の社債が買いやすいと思いますが、あっても劣後債なので、、1.5%で5年だと、あと長くて3年位は定期預金より金利がよさそうですが、インフレになると残りの2年は定期預金にまける。100万単位でないのが利点でしょう。 20万円購入しました。発売日から数日たってもかえるので人気はないのでしょう。東京オリンピックまで金融業界で破綻する会社はでない読みで、、、半分マネックスさん頑張ってね的な、、、少し前だとこれくらいな条件で債券でてましたし、、、物価連動国債が発行されたらしく、それをくみこんだ投資信託も気になりますが調べる暇がないので、、、

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。