習志野はばたき債をどうして買う!?

私の住んでいるところの個人向け地方債(習志野はばたき債)が、
悪条件にもかかわらず完売したというニュースを知りました。

起債条件は下記の通りです。

(1)発行予定額 4億5千万円
(2)利率 年0.4%
(3)購入限度額 500万円(10万円単位)
(4)発行日 平成25年10月31日(木曜)
(5)償還日 平成30年10月31日
(6)利息の受取 年2回(4月30日、10月31日)
(7)取扱金融機関 
  千葉銀行5支店(津田沼、袖ヶ浦、実籾、津田沼駅前、幕張本郷)

期間5年、金利0.4%と全く魅力がありません。個人向け国債10年を
買ったほうが絶対にマシです。しかも習志野は財政状況が芳しくなく、
市役所もボロ過ぎて、市民に心配されるほどです。

はばたき債については去年も同じような記事を書きました。

これ買う人いるの?と思うでしょうが、それがいるんですよね。。。
結果は下記の通りになったようです。

・有効応募総数:357人
・当選者数:161人
・倍率:2.2倍
・応募金額:9億2,980万円
・当選金額:4億5,000万円
・倍率:2.1倍


これ、当たって嬉しいんでしょうか?
付き合いで買わされているか、
心の底から地元を愛している名士が買っているとしか思えませんが。。。

というかこの地方債、格付けが掲載されていないけど、なんで?

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. kenz より:

    ものすごく条件の悪い地方債ですね。
    地方債だと、格付けをもらっていないところ結構ありますよ。書いていないと格付けなしですね。。

  2. monoris より:

    >kenzさん
    なるほど。地方債だからといって全てに格付けがあるわけではないんですね。勉強になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。