年金確保支援法で得した気分

仕事から帰ってみたら、郵便受けに「日本年金機構」からお知らせが
入っており、国民年金保険料控除証明書と明記されていました。
はじめははて?と思いましたが、そういえば今年の2月と3月は会社を
辞めセミリタイアをしていたので、その際に身分が1号被保険者となり、
国民年金に切替手続きをしていたことを、今更に思い出しました。

4月には国民年金を脱退したので僅か2ヶ月間の加入だったのですが、
その期間の控除証明書が届いたようです。

だけど金額を見てビックリ!
なぜが納付証明額が30万円と記載されている。
確か国民年金保険料は15000円/月ぐらいのはずなので、2か月分では
3万年の納付にしかならないはず。どういうことか?

10分ぐらい考え込んで、ようやく意味が分かりました。
実は、この記事にもあるように年金確保支援法を活用して主に学生時
代の過去の未納分を清算したことを思い出しました。
そのとき納付した分もあわせて、控除証明書として送られてきたようです。

別に何も得はしていないのですが、一時的にでも控除が増えるので得し
た気分。同じく年金確保支援法を活用して納めた方は、年末調整できち
んと税金を還付してもらう為に、かならず証明書を添付して提出しましょう。

因みに、国民年金の証明書は存在しますが、国民健康保険の証明書は
存在しないようです(いままで知らなかった)
なので当然、国民健康保険には証明書の添付は不要です。
勤務先で渡される『給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配
偶者特別控除申告書」(長すぎる名前なんとかなりませんかね?)の裏面
に小さすぎる字で書いてありました。。。皆さん知ってましたか?

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。