無駄を0にするという無駄

マネーリテラシー

我が家は一般的な家庭に比べれば質素な生活を心掛けていると思って
いますが、それでもまだまだ節約の余地はあると感じます。

たとえば、ちょっとでも暑い寒いと感じればすぐに冷暖房を稼動させてし
まいますし、便利なコンビニもついつい利用してしまいます。家で飲めば
安く済むコーヒーも、外で良く飲んでしまいます。

これらの消費は誰にでも身に覚えがあるはずですし、極端に贅沢とはい
えないとしても、かといって不可欠なものでもありませんので、無駄だとい
われれば無駄ですし、削ろうと思えば削れる支出です。

では考えられうる限りの手を尽くし、トコトン削れば良いのか?

それはちょっと違う気がします。
(少なくとも家計が火の車でなければですが)

厳密には各家庭の生活状況や、個人の考え方、性格によるのでなんとも
いえません。最低限の支出管理をした上で、あとは自分の許容できる範
囲(精神的にガマンできる範囲)で、バッファを残しながら過ごすのが健康
的ですし、人間的だと思ってます。

気持ちに余裕を持って生活できているのであれば、他人から見れば単な
る無駄遣いであってもも、その安寧を得るための必要経費と捉えることも
できるでしょう。ただし度が過ぎると、支出管理できない屁理屈にしか聞こ
えなくなってしまうので、注意が必要です。

感覚的なものの言い方になってしまいますが、全支出のうち無駄だと思
えるものが、5%以内に収まっているのであれば、健全だと判断しても差
し支えないと思います。少なくともそれを0%にするような意志の強さや
才能を自分が持ち合わせているとは思えません。

完璧にしようとしても無理だし、労力の割りには報われない可能性もあり
ます。結局のところ、何事もバランスが大事と考え、適当なところで折り合
いをつけるという判断も、あながち間違っていないと考えます。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました