特優賃住宅は今後の検討に値するか?

支出に占める住宅費の割合というものは、大抵一番大きいものになる
ので話題になりますが、皆さんはどのように検討されているでしょうか?

私はというと現在の住処が気に入っているのでしばらくは引っ越すつも
りはありませんが、事情が変わって広い家を確保したい!ということに
なった場合は、特優賃を検討しようと思ってます。

新しい画像 (61)

特優賃とは特定優良賃貸住宅の略で、簡単に言えば地方自治体から
家賃補助が出るマンションです。賃料の割りに質が高く、仲介手数料や
礼金が不要だったりとメリットがある反面、所得制限があるので、一般
の賃貸と比べて入居審査がやや厳しいというデメリットもあります。

家賃を圧倒的に抑えたいというのであれば県営住宅、市営住宅という
イメージがあったのですが、調べていくと、あくまで低所得者層をターゲ
ットにしているところが多く、また倍率もかなりの高さと知りましたので、
こちらについては検討から外します。

たいして特優賃のほうは、中堅所得者層向けの物件であり、所得制限
において、上限だけではなく下限も決まってます(市営住宅は上限のみ
の場合が多い)。つまり条件が微妙に厳しいので、抽選どころか結構空
き家があったりします。私の家の近くにも特優賃の建物がいくつかある
のですが、常に入居者募集中の看板が目立つように掲げられていると
ころを見ると、ウソではなくホントに競争率は低いのでしょう。
どんな物件だよ?と思うかもしれませんが、いたって綺麗な物件です。

試しに千葉県住宅供給公社のHPから入居審査のシミュレーションをし
てみましたが、「入居資格があります」と表示されました。

募集している建物は圧倒的にファミリータイプが多いので、単身者が家
賃を節約する為に入居を検討するのは困難ですが、2人世帯以上で、
今の家賃と変わらない負担で広さだけを確保したいという考えであれば、
検討に値するのではないでしょうか。

例えば今の住処(津田沼駅前)は1LDKで8万円ですが、近くの特優賃
物件は2LDKであれば9万円以下で狙えるようです。ほとんど負担が増
えません。これを一般の賃貸で検討しようとすれば、10万円台を覚悟す
るか、駅から離れるか、ボロ物件にするかという選択肢しかなくなります。

グレードを下げず、負担を(あまり)上げず、それでいて広さだけは確保
できる可能性があるので、将来の検討課題に入れようと思います。
また、特優賃はあくまで賃貸物件なので、職場の住宅補助を打ち切られ
る心配がないのが安心材料です(購入した場合は打切られます)

ただし、世の中うますぎる話はありません。今回は特優賃のメリットばか
りを並べましたが、デメリットもあるはずなので、その辺は十分考慮する
ようにします。

千葉県住宅供給公社(賃貸)
http://www.chiba-kousya.or.jp/chintai/index.html

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。