独身100万・夫婦200万・4人家族300万

家計管理/節約

日本は収入の低い人に有利な税制となっている。少しでも税の仕組みをかじれば、そう感じる方も多いでしょう。

政府は何かにつけて嫌われる対象ですが、イメージとは違って、庶民イジメの税制にはなっていません。

なにせ年収100万円以下であれば、所得税も住民税も非課税です。それなのに高額納税者との間での行政サービスの差は無いに等しく、救急車も無料で呼べますし、公園も無料で使用できます。というより所得の再分配機能によって、いろいろな手当が支給されますので明らかに低所得者のほうが税のメリットを享受しているといえます。高額納税者は何かにつけて「所得制限」の対象となり、納税メリットを実感できません。

最近下記の本を読みました。独身者であれば100万円、夫婦生活であれば200万円、子供2人の4人家族あっても300万円あれば優雅に生活する術が紹介されています。

所得が下がってしまう、あるいは全然上がらないと暗い気持ちになってしまいますが、発想を転換すれば見える世界も変わってきます。税制のメリット(行政サービス)と節約術を賢く学ぶことによって、中途半端な高所得者にはない、マイペースな生活を実現できる可能性があるのです。

自分も年収(収入)は下がりっぱなしですが、精神的には全く疲弊していません。むしろ、どうしたら夫婦で200万円生活ができるか、楽しく追求したいという思いが大きくなってきています。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました