再検討の余地が少ない定期預金

無リスク資産の約半分を占める定期預金の一部が満期を迎えました。
私の場合、定期預金については全額を住信SBIネット銀行で設定して
おり、自動継続ではなく満期解約に設定しているので、その都度運用
先を再検討することになります。

…とはいっても、再検討の余地はかなり少ない。

最近はもう傾向が決まっていて、SBI銀行の(キャンペーン)金利よりも
優位性がある銀行があるにはあるが、利便性や口座開設の手間を考
えると躊躇してしまうので結局はそのままで継続
という流れです。
優位性があるといっても圧倒的な差があるわけでもなく、その程度の差
では、よくわからない韓国系の銀行や、土地勘の全くない地銀のネット
支店を活用する気になれないなぁ。。。という感じです。

現在のキャンペーンは、3ヶ月、6ヶ月ともに0.20%という金利です。
楽天銀行よりはかろうじてマシというレベルです。

新しい画像 (120)

拘束期間が長いだけで金利に差がない6ヶ月ものを選ぶ気にはなりま
せんでしたので、今回は全て3ヶ月ものに預けなおしました。

満期を迎えるのは5月の中旬。その後は、しばらく普通預金にストック
して、夏のボーナスキャンペーンにリレーする計画です。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。