住宅購入を決断するときの条件

不動産/住宅購入

私はどちらかというと賃貸派なので、今のところは住宅を購入する気は
さらさらないのですが、完全なマイホーム否定派というわけでもないので、
将来どこかのタイミングで購入を決断する機会があるかもしれません。

転勤がない仕事なので、その点だけを考えると買ってしまっても良いよう
な気がします。転勤がない=転居の必要がないということですから、そう
なってくると、売る必要も低くなってくるわけなので、将来の資産価値をそ
れほど重視しなくても良いことになります。語弊を生む表現かもしれませ
んが、むしろ資産価値が下がってしまう土地のほうが固定資産税も下が
って、結果として有利になる可能性もあるのではないでしょうか。

賃貸派である理由としては、リスクを固定したくないということに尽きます。
確かに転勤がない仕事ですが、それは今の仕事がそうであるだけであっ
て、他の仕事はそうとは限りません。要するに今の仕事に縛られてしまい、
転職ができなくなってしまうリスクが生じます。また収入が不安定になると、
住宅ローンの支払リスクが顕著化するかもしれません。他には、いまある
資産を頭金として放出してしまうことによる機会損失のリスク(投資にまわ
せなくなるリスク)や、災害リスク、そしてなんといっても、余計な金利を負
担しなければならないことも、住宅購入を敬遠してしまう理由です。

ここからは買おうと決断する条件についての検討。

住宅ローンの金利を負担するのは馬鹿らしい…

でも全額キャッシュで買うのも不可能…

落とし所としては、住宅ローン控除が有効な10年間という期間だけで返
済できるような物件であれば、購入を検討してもよいのではないか…と
考えています。

4000万円の物件があったとして、頭金3000万円を突っ込めれば、残額
は1000万。これを10年で返すのであれば月額8万円台の支払で購入で
きます。全期間、ローン控除の対象ですし、10年という短期であれば余
計な金利もかなり節約できます。

(注釈)
いまのところ住宅ローン控除については素人な知識しか持っていないの
で、もっとよい考え方があるのかもしれません。例えばあえてフルローン
を組んで、控除期間が終わった瞬間に全額返済とか…?どっちが得な
のかわかりませんが、この辺は勉強が必要だと思ってます。

もちろん頭金3000万円を確保するというのは、私のような庶民には並大
抵なことではありません。でも、このくらいのキツめな購入条件にしておい
たほうが良いと思ってます。そしてこの3000万円という数字は、私にとっ
てそんなに突拍子もない数字ではないと思ってます。きちんと黒字家計を
維持し、5%前後の運用益を確保できれば、40歳手前で達成できる可能
性はあります。相当がんばらなければいけませんし、運も必要ですが。。。
結局、大事なのは買える家を買うのではなく、返せる家を買うことです。
一生に一度の買い物なのですから、用心に用心を重ねてから決断します。

もう1つの決定要因は、職場の福利厚生制度。

賃貸生活をしている人には住宅手当が出ているのですが、どうやらこれ
が縮小されていきそうな雰囲気です。以前は自宅保有者にも手当が出て
いたようなのですが、それは既に廃止されました。次なるターゲットは、間
違いなく賃貸者に支給している手当になるはずです。この手当が大幅に
減額、あるいは廃止になったタイミングが、住宅購入を検討する1つの要
因になるかもしれません。すぐに廃止されることはないと思っていますが、
そういう可能性については、事前に考えておくべきです。

因みに私の場合は年に10万円ぐらい手当が支給されています。月になら
すとたいした金額ではないですが、10年20年と考えると結構な金額になり
ます。これがあるのとないのとでは、だいぶ前提条件が違ってきますので、
この制度の行方にも注目しています。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました