リスク資産・日本債券の比率は0%へ

ID-100211560

今後は、リスク資産における日本債券の比率を0%にします。
既に社債や国内債投資信託の保有はなく、0%になっています。

理由としては、無リスク資産のほとんど全部が日本債券である
こと。個人向け国債、定期預金、社内預金は全て円建てですし、
考えてみれば無リスク資産だけで全体の4割以上の比率はあ
るので、リスク資産の側で日本債券を確保する必要もない、む
しろ過剰なのでは?と判断しました。

仕事内容もまったくの国内向けのものですし、給与も円建てで
支払われています。これは妻のほうも変わりません。
放っておいても日本債券に配分が偏ってしまう状況なので、
リスク資産側ではあえて保有を0%とし、偏りを抑制をします。

今後、趣味的に社債や地方債を購入する可能性もありますが、
数万円からせいぜい数十万単位の予定です。デフォルトしても
火傷で済むくらいの範囲で楽しみたいと思ってます。

ブログランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

コメント

  1. kim99 より:

    金融緩和はあるし、金利は低いし、国債の発行残高が多すぎとか、社債の規模が小さい日本とか、アメリカと違うし、
    資産ポートフォリオの中の日本債券クラスの解釈や役割定義は難しい。私はまだもらってない退職金を日本債券クラスに組み入れました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。