3つの臨時快速で土合駅への旅

群馬県の土合駅を訪問してきました。この駅は「日本一のもぐら駅」と
いうことで、マニアには有名な駅なので、分かる方も多いかと思います。

千葉からは新幹線で高崎までいくのがオーソドックスな方法なのですが、
今回は趣向を凝らして3つの臨時快速を駆使して、巡ってきました。

1つ目は快速碓氷。国鉄の183系。春の時期に臨時快速として、上野から
群馬県横川駅を結んでいます。2つ目はSLみなかみ。代名詞のD51です。
最後はリゾートやまどり。2列1列のゆったりとした配列で、乗り心地は新
幹線のグリーン車よりも上です。

▼臨時快速碓氷
DSC_0237

▼SLみなかみ(D51 498)
DSC_0244

▼リゾートやまどり
DSC_0250

土合駅については前々から訪問を計画していたのですが、なかなか実現
しませんでした。ただし今年は2014年の100目標の1つに設定したことに
より、良くも悪くもノルマ化したので、動機付けになりました。

家から快速を乗り継いで、6時間で土合に到着。

さ~着いたぞー!
DSC_0252

これで目的地に到着したので、帰路に着く為に上り列車のホームを目指す
ことになるわけですが、そこに行くまでの行程が長いと。。。(゚д゚;)

地上の改札まで10分はかかると掲示板に注意書きがあり。
DSC_0255 (1)

脅威の登り階段。左側にエスカレータ設置のスペースが設けられている
見たいですが、既に過去の遺産と化しており、湧き水がちょろちょとろ流
れていました。土合駅は無人駅なので、今後も設置はされないでしょう。
下手に設置されてしまったら、駅の希少性が失われるかもしれませんし。

▼地上への階段(どう考えても10分はムリ)
DSC_0258

この階段、468段あるのですが、結構1段1段の段差は小さいので、歩き
やすいと感じました。ただそれも最初だけで、200段を越えたあたりから、
足が重くなってきます。途中に休憩用の椅子もありましたが、上り電車の
出発時間も差し迫っていたので、無視。情けない話ですが、400段を越え
たあたりで、息切れをしてしまいました。

そしてようやく登りきった!と思ったら。。。

▼階段の続きは長通路(ゲームのダンジョンみたい)
DSC_0267

結局、地上にたどり着くまで20分かかりました。下りならともかく、登りで
10分というのは相当厳しいと思います(自信のある方はぜひ挑戦を!)

▼地上の様子(上の写真の長通路を外から見る) 
DSC_0270

因みに土合駅の散策は上の通りですが、これだけで帰るのもつまらない
ので、近くにある水上温泉郷も散策して来ました。
足湯に入ったり、地元の道の駅に立ち寄ったり。。。

ただしこの水上という街、想像以上に寂れています。駅前こそ賑わってい
るものの、少し歩けばそこかしこに廃墟と化したホテルや飲食店、お土産
屋、リゾートマンション等が見受けられました。更地にする事もままならず、
放置されている感じです。土曜日だというのに人通りもまばらで、温泉街の
体をなしている様には思えません。草津・伊香保と並ぶ群馬の有名どころ
というイメージがあったので、かなりショックでした。こういうことは実際に
足を使って訪問してみないと、分からないものです(いい勉強になる)。

いままで訪問した温泉街で、ここはまずいな~と思ったのが、福島市の飯
坂温泉。ここも相当ひどかったですが、水上も同様な感じでした。
しかも水上は福島と違って、東京から2時間圏内の温泉地です。上野から
直通の特急も走っています。どうしてここまで寂れてしまったのでしょうか…

▼昼食は郷土料理(おっきりこみ)
DSC_0276

復路は快速リゾートやまどりでゆったりと駅弁を食べながら。
1000円ちょっとの支出ですが、自分にとっては大変な贅沢です。

▼帰りは恒例の駅弁(上州牛肉弁当)
DSC_0279

結局、朝6時過ぎに家を出て、帰ってきたのが20時過ぎ。14時間の行程。
いろいろと体験できましたし、新幹線代も節約されているのでCPも満足。

これで100目標の1つは達成です。

土合駅(デイリーポータル)
https://portal.nifty.com/2007/10/11/b/

D51
http://www.jreast.co.jp/railway/joyful/d51.html

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。